安眠確定!アイリスオーヤマの布団乾燥機カラリエFK-C2の特徴

家電&ガジェット

布団を干すのって億劫じゃないですか?

「力がある女だから!」と思っていても腕を伸ばして持つくらい大きいサイズの敷布団は重さもけっこうあって、腰を痛めることもあります。

年間を通して定期的にしなければいけない作業で、非常に重労働ということは間違いありません。

 

その重労働を解消してくれるのが、アイリスオーヤマの布団乾燥機カラリエFK-C2です。

布団をキレイに整えてカラリエFK-C2のパイプをセットしてスイッチを押すだけで、湿った布団の中で温風が出て乾燥しふわっとしてくれます。

布団を動かすこともなく、カラリエをセットするだけなので簡単・ラクチンです。

 

今日はアイリスオーヤマの布団乾燥機カラリエFK-C2を紹介します。

スポンサーリンク




アイリスオーヤマ 布団乾燥機カラリエFK-C2の基本情報

アイリスオーヤマのHPには布団乾燥機のカラリエシリーズで

  • FK-C2
  • KFK-W1

2種類があります。KFK-W1はパイプが二つあるツインタイプで、FK-C2はハイパワータイプです。

 

サイズ W160xD140xH360cm
重さ 約1.8kg
コード長さ 2.0m
付属品 くつ乾燥アタッチメント
安全装置 温度センサー・サーモスタット・温度ヒューズ
タイマー 15,30,45,60,75,90,120,180分
カラー ホワイト・ピンク
HP アイリスオーヤマ 布団乾燥機カラリエ FK-C2

サイズはコンパクトでカラリエを紹介しているページでは「はがきサイズ」とうたっていますが、奥行きがはがきの縦方向サイズと同じくらいだということで、決してはがきサイズの大きさではないです。少し無理があります、アイリスオーヤマさん(笑)

しかし、他の布団乾燥機と比べるとホース込での高さで36cmなので確かにコンパクトサイズとなっています。重さも2kg以下なので持ち運びもしやすいです。

FK-C2の7つの特徴


FK-C2には7つの特徴があります。

  1. 立体ノズルで温風を広範囲に流す
  2. ホースを伸ばして布団にセットするだけ
  3. FK-C1と比べて風量120%UP、ヒーター出力120%UP
  4. 1.8kgで軽くて小さい
  5. 4つのモード(布団乾燥モード、あたためモード、ダニモード、手動モード)
  6. 3色のランプ(赤・黄・青)でお知らせ
  7. 布団以外にもくつ乾燥や送風でカビ対策

 

前機種のFK-C1より120%能力が高くなっています。風量やヒーターが強ければ乾燥する能力も高いということです。

 

また表示は分かりやすく、前面のパネルにモードがあり、ボタンを押してモードを選択します。また温風の温度も色で分けられているので、どういう状態かが一目で分かるようになっています。

 

一番メリットのある特徴は、布団乾燥以外にもくつ乾燥や送風で洗濯物を乾かしたり、風を送ったりできることです。

アイリスオーヤマではくつ乾燥機も販売していますが、FK-C1を購入すれば、付属のくつ乾燥アタッチメントを取り付けて、雨で濡れたくつや湿りやすいブーツなども簡単に乾燥できます。

 

価格は1万円以下で毎日ふかふかが手に入る!

FK-C2はどこのサイトでも1万円以下の価格帯となっています。他メーカーは1万円を超える機種もあるので、買いやすい価格です。

夏は寝汗をかきやすく布団が湿りやすいです。冬も意外と寝汗をかき厚みのある布団は湿気やすいです。布団は年間を通して湿気やすいということですよね。

それが1万円で布団乾燥が毎日でき重労働からも解放されます。高くはない買い物ですね。

 

カラリエFK-C2の購入者の口コミは?

カラリエFK-C2は2018年6月21日のカンブリア宮殿で紹介されたためか、沢山の方が購入しています。ただそれだけなく、布団乾燥・くつ乾燥のシンプルな機能で求められた家電なのかもしれません。

 

布団を干すわずらわしさや、袋を片付ける手間もないので、使用頻度が増えましたし、いつでも気持ちいい状態の布団で寝れるようになりました。

 

4歳の娘までもが毎晩お布団温めてくれた?温かくなかったら寝ないっていうくらい家族中でハマっています。

 

袋の広がるタイプと違い、使うときはホースを突っ込むだけ、しまうときはホースをしまうだけなのでとても簡単です。

 

寒い日の暖房代わりに布団を温めるのだけでも効果的です。

 

布団を温めたり、ダニ退治に使ったり、洗濯物を乾かしたりと大活躍です。

 

多くの方が冬の寝る前に布団を温めて使っているようです。冬に暖かくてからっとしていたら気持ちいいのは想像しただけでもふかふかです。

また都会のマンション暮らしの方や、梅雨時期の布団をカラッと乾燥させるのも気持ちいいですね。

 

FK-C2のとKFK-W1の違いは?

基本情報で出てきたツインノズルタイプのKFK-W1ですが、FK-C2との違いを見ていきます。

大きな違いはハイパワータイプのFK-C2はホースが1本ですが、ツインノズルタイプのKFK-W1はホースが2本あります。これは2枚の布団を同時に乾燥できるようになっています。

そのため、FK-C2よりもヒーター出力は36%UPして温風を同時に送るようになっています。

2枚の布団を同時に乾燥できますが、1枚の布団に2本のホースを入れて乾燥させることもできます。1本より2本の方が温風を分散し、強力に乾燥できます。

またホースが2本になることで、くつ乾燥も2足同時できます。

 

モードや表示はFK-C1と変わりはありません。他の違いは

FK-C1 KFK-W1
サイズ W160xD140xH360mm W168xD195xH360mm
重さ 約1.8kg 約2.2kg

サイズと重さが違ってきます。ホースやヒーター出力が2倍になったことで本体サイズも若干大きくなってます。そしてホース長さもFK-C2よりもKFK-W1は1.5倍長くなっています。

1枚の布団を乾燥させるのか、2枚の布団を同時に乾燥させて時短を求めるのかで選び方が変わってきます。単純に性能がいいからと選ばずに、使用頻度によって選びましょう。

 

おわりに

花粉や梅雨時期だけの使用かと思っていたら、意外と一年中使える布団乾燥機でした。乾燥目的ではなく、布団を温める効果もあるので冬は使えて、夏の寝汗で湿った布団を乾燥させるのに使えて、くつまで乾燥できる、単純でシンプルだけど多機能な乾燥機です。

もし

  • 布団を干すのがツライ
  • 気持ちよく乾燥させたい
  • 靴の乾燥をさせたい

など困っていたら、アイリスオーヤマの布団乾燥機カラリエFK-C1を検討してみてください。

【アイリスオーヤマ公式オンラインショップ】アイリスプラザ

 

コメント