ダイソン 空気清浄機付ヒーター Dyson Pure Hot+Cool Link HP03WSの電気代は高い?

家電&ガジェット

ダイソンから空気清浄機付+扇風機+ヒーターの3役をこなす家電があります。

涼風も温風も出るのなら、1年中使えるのじゃない?

季節家電で通年使えるのはとてもメリットがありますよね。季節限定の家電だと使わない季節はクローゼットに収納します。季節ごとにいちいち片付けるのはメンドウだし、収納スペースも必要となってきます。

反対に1年中使える家電は片付けなくていいし、使い倒せるっていうのは魅力的です。

 

ダイソンの扇風機は羽が無いことが特徴で、子供が指を詰めることもなく、掃除も簡単、ヒーターはストーブのような熱源がないのでヤケドの心配もありません。

 

今日はメリットしかないようなダイソンの空気清浄機付きヒーターを調べてみました。

スポンサーリンク




ダイソン 空気清浄機付き Dyson Pure Hot+Cool Link HP03WSの基本情報と特徴

ダイソンは羽のない扇風機ばかりと思っていたらまちがいです。扇風機に空気清浄機やファンヒーター、加湿器などの機能が付いた品番が多数あります。

扇風機+空気清浄機、扇風機+ファンヒーターなどの組み合わせがありますが、今回は扇風機+空気清浄機+ファンヒーターの3機能を備えたHP03WSを紹介します。

カラー ホワイト/シルバー(HP03WS)

アイアン/ブルー(HP03IB)

サイズ W222xD222xH632mm
重さ 約4.01kg
コード長さ 1.8m
空気清浄機能力 適用床面積 8畳 約30分

23畳 約60分

暖房機能 適用床面積 コンクリート 8畳/4.5畳

木造 6畳/3畳

※50mm断熱材あり/なしの目安

最小/最大消費電力 涼風モード 5W/44W

温風モード 1200W

HP Dyson Pure Hot+Cool Link

 

他品番の機種よりも下部の柱部分がぽってり太いです。そこに空気清浄機のフィルターやファンが内蔵されています。空気清浄機はPM0.1レベルの粒子を99.95%除去するくらい細かいゴミやほこりを吸い取り、その吸い込んだ空気を風に変えます。扇風機やヒーターの風はきれいな空気が出てくるってことですね。

HP03WSには品名に「Pure Hot+Cool Link」と『Link』という単語があります。このリンクは「Dyson Link」というアプリでリンクされ、スマホから操作ができるんです。

これが驚きで、部屋の空気の状態をスマホで確認できるうえに、リモコン替わりになります。もちろん別にリモコンが付属しているんですが、スマホを見ていてリモコンを取り出すのがメンドウな時にピッと操作できるんです。けれど、室内の他に仕事帰りに部屋を暖めておきたい、扇風機を付けておきたい時にもリンクができ操作できるのもスゴイです。そして予約管理もできるのが嬉しい。もうエアコンと変わりのない操作です。

涼風+温風+空気清浄機の3役が特徴なんですが、Dysonアプリが一番便利です。

その他に、

  • オートモード
  • ナイトモード
  • 自動温度制御機能
  • フォーカスモード/ワイドモード

などがあります。

HP03WSの電気代は?

気になるのは電気代です。空気清浄機+涼風+ファンヒーターの3役で、機能が詰め込まれているけど電気代が高いのであれば使うのに気が引けます。

調べてみると、温風モード1200Wを10時間使うと324円になります(地域や設定料金により異なる場合がございます)。これを1か月使用すると324円×30日は9720円になります。

温風モードの場合、最小/最大の数値なく、一定に1200Wで使い続けるので、使用時間が延びれば金額は増えていきます。これだと、エアコン+ダイソンHP03WSの涼風モードで風を拡散した方が電気代は安くなります。HP03WSで部屋を暖めるのではなく、キッチンなどで作業する時に使用するなど、ちょい使いすれば電気代も気にせず使えます。

暖房機能の適用床面積でも6畳となっています。あくまで6畳の1部屋を温めるくらいの能力なので、広いリビングを暖めるには能力が及ばないことを理解しておきましょう。

 

空気清浄機のフィルター交換は必要

空気清浄機を搭載していることから、HP03WSはフィルター交換が必要となってきます。

交換の目安は1日12時間使用で約1年で交換となります。温風/涼風関係なく、使用すれば1年で交換となります。

フィルターは洗わず、交換のみとなります。

HP00WSとの違いは何?

Pure Hot+Cool にはHP00WSとHP00IBがあります。HP00WSはホワイト/シルバーでHP00IBはアイボリー/ブルーのカラーになります。

商品名は「空気清浄機付ファンヒーター」ですが、HP03WS、HP03IBとはどのような違いがあるのでしょうか。

 

HP00WS・HP00IBには

  • ナイトモード
  • オートモード
  • Dyson Link アプリ連携なし

となっています。

ナイトモードは、静音運転に切り替え、ディスプレイの明かりをおさえるモードです。

オートモードは室内の温度を感知し自動で風量を調整するモードです。

Dyson Linkアプリは前述したとおり、スマホからの操作ができる機能です。

これらの3点の機能がHP00WS・HP00IBには付いていません。価格としてはHP00WS・HP00IBはHP03WS・HP03IBよりも4000円ほど価格設定が安くなっています(ダイソンのオンラインストアの価格より)。

 

このついていない機能は「使わないわ~」と思わせておいて、地味に重宝する機能だと思います。家電の明かりは小さいようで、夜照明を消すとかなり明るく感じます。涼風/温風も寒すぎたり、暖かくなりすぎたりしていちいち操作をするのはメンドウだし、リモコンはあるけど、そばに無いことが多くよく探してリモコン操作します。

価格としては4000円ほどの差なので、あとひと踏ん張りして機能が詰まっている方が必ず生活していくうえで快適に過ごせます。ちょっとしたイライラを無くすにはHP03WS・HP03IBをおすすめします。

 

HP03WSの口コミ

購入者の口コミは全体的に評価は高いです。

  • 空気の状況をアプリで可視化してくれるのがすごくいいです。
  • インターネットに繋げて、遠隔操作ができるので帰宅前にセットして帰る頃には、暖かいです。
  • 空気が綺麗になってることが実感できます。
  • 見た目オシャレで、意外と大きくないです。
  • 花粉症対策で最新式を購入。花粉症の症状が軽くなりました。

ちょっとした暖房で使っている方も多く、まだ空気清浄機の機能が付いていることに安心感もあるようです。

 

おわりに

価格は5万円以上で、購入するには躊躇してしまいますが、購入者の口コミは好評です。

赤ちゃんやお子さんがいる家庭では、けがの心配もなく空気もキレイになり、やさしい風を送るダイソンは、想像以上の使いやすさがあります。

もし、扇風機や暖房器具の購入を考えているなら、ダイソン Pure Cool+Hot Linkを候補に入れて検討してみてください。

 

ダイソン直販はこちらから↓

 

 

コメント