ブログのPV数が伸び悩む時期っていつ?

ブログ

ブログを運営していたら必ず誰もがPV数の伸びが思うようにいかずに悩みます。

ブログを書き続けていて、ふと「あれ?今日のPV数があまり伸びていない・・・?」と気が付いて、それから次の月もあまりPV数が伸びずに、1人悶々と悩むこととなります。

悩みながらも『ブログ PV数』『ブログ PV数 伸び悩み』などで検索して、伸び悩む時期のあることが判明しますが、検索上位に表示されている記事では、だいたい3~6か月くらいの答えが多いです。

これは間違いではないですが、当てはまらない人も多いはず。私がそうだったから。

 

ブログのPV数が伸び悩むのが3~6か月の人もいれば、1年や1年半後の人もいます。

こんなにバラバラなら、伸び悩む時期を月日で議論でするのは違うんじゃない?さらい調べていくと、伸び悩みを語っているブログで共通点を見つけました。

 

PV数です。

ブログのPV数が伸び悩むのは運営時間ではなく、PV数で判断した方がよいです。

今日はブログで伸び悩んでいる人へ伝えたいお話をします。

スポンサーリンク




PV数が伸び悩む時期に差が出る理由

多くの記事でPV数が伸び悩む時期を3~6か月くらいと答えを出しているのは、毎日更新して1万PVを超えたあたりの時期になります。

しかし、ブログの更新頻度は人によって違います。

  • 毎日更新する人
  • 3日に1記事更新する人
  • 1週間に1回更新する人

必ずだれもが毎日更新しているわけではなく、記事数や記事内容によってもPV数の伸びも変わってきます。

マイナーなジャンルで記事を書いている人はブログに訪れる人も少なく、伸びも少しずつです。反対におもしろい記事や役に立つ記事を書いている人でも、1か月に数記事程度しか書けないこともあります。

そうすると、3~6か月と幅をもたせていますが、その頃には記事数のバラツキがあるので、確実にPV数が伸び悩む時期とは言えません。

 

例えば6か月後の記事数を比べたら分かりやすいです。

  • 毎日更新で180記事
  • 1か月に4記事更新で24記事

この記事数の差で、同時期にPV数が伸び悩むのは一目瞭然でおかしいと思いますよね。あくまで初心者の場合です。格段に記事が良質などの例外は除きます。

 

運営期間で語るよりも、PV数で語った方がしっくりきます。

どんな更新頻度でも、記事数でもPV数が1万PVを超えて2万PVあたりの時期に高確率でGoogleの試す試練が来ているブログが多いです。ブログ運営についての記事を更新している人は必ず伸び悩んでいる内容の記事も書いています。

そんな人たちはそれぞれに伸び悩みの時期を乗り切っているんですね。

 

ブログを毎日更新して、伸び悩みを打破する

ここでは私の経験から解決方法を話します。

 

私も1万PVを超えて2万PVに届くまでに伸び悩んでいます。2018年4月から7月までの4か月間伸び悩みました。

明らかに伸びが弱い。そう感じた数か月間はブログ更新の気持ちが入らず、少々停滞気味になり、さらに悪循環になっていきました。で、ちょっと投げやりになって7月末から毎日更新することにしました。

毎日更新して記事ぶっこんでやる~!!( `ー´)ノ

リライトしても、リライトしてもPVの伸びが悪く、もうどうしたらいいかわかりませんでした。その頃の記事数は200記事近くで、リライトではなく、記事数を増やすことに作戦を変えたんです。

 

すると、8月2日から急にアクセスが伸び始めました。今思えば8月初旬にGoogleの大きなアップデートがあったらしく、私は運良く記事の評価が上がっただけのようですが、毎日アクセスがぐんぐん上がっていくので、これはもう毎日更新が正義!と思うくらいでした。

少し経ってアップデートの影響で騒がしくなってきたら、私の毎日更新とアップデートラッキーが重なっただけだと考えなおすことになるんですが。

 

今回のPV数が飛躍的にUPになったのは、おそらくアップデートの影響です。

ただ毎日更新をした8月は月初めと月末では1日100PV以上増えています。伸び悩んだ時期の更新頻度は1週間に3記事程度だったので、1か月後には記事数もかなり違ってきます。やはりある程度PV数を増やすには毎日更新はした方がいいと思いなおすキッカケとなりました。

毎日更新すると、記事の更新速度も速く、結果(PV数や収益)の結果も分かりやすく早いということです。

 

考え方次第のブログ運営

ブログの運営は考え次第なんだなとつくづく思いました。

ブログのアクセスの伸び悩みは記事を書くモチベーションに大きく左右されます。PV数が全てではないとわかっていますが、ブログを始めたら、やはりアクセスが多い方がうれしいし、増えなければ記事を書く気も無くなります。

 

PVが伸びなくて、どう考えるか、どう行動するかでこの後のブログ運営のカギを握っているのだと思います。

PVが伸びない→記事を書く気になれない→記事更新が減る→ブログから離れていってしまう

となるのか、

PVが伸びない→気にしない→ブログ更新→PVが上がり始める→気にしない

となるのか、

PVが伸びない→なんか悔しい→記事をいっぱい更新してやる→PVが上がり始める

PVが伸びなくなってからの考え次第で人によって分かれてきます。

 

私個人の考え方ですが、一旦ブログのPV数が伸び悩むのはGoogleが試しているのだと思うことにしています。調子よくブログが成長してきたけど、世の中そんなに甘くないよ~とちょっとした試練を与えて、これから大きくなる予定のブログに宿題を課している状態かな。

ブログは更新が途絶えてしまったら、徐々にアクセスが減っていきます。すぐに更新を止めてしまうようなブログを野放しにしておきたくはないからです。

 

大きくなったら荒波に翻弄されるのに、小さな波で溺れてしまうようではこれからやっていけませんよね。

だからGoogleは宿題としてPV数の伸び悩み問題を与えてどうするのか見ているのだと、そう考えてブログを運営すれば、記事を書き続けることができるかな、と思います。

 

おわりに

私もPV数にかなり影響されながら記事を更新しています(笑)。まあ、更新頻度の上下はほとんどが体調の良し悪しで変わってきますが。

毎日のPV数をみて、「今日は増えた!」「今日は下がった!」とかなり気にしています。

「PV数は気にせずに記事更新しよう!」と世のブログ先輩は言いますが、私は別にPVを気にしていいし、Google Analyticsを見てもいいと思います。それを楽しみながらブログ運営するのも楽しいかな。

ブログを辞めない程度にPVに翻弄されるのを楽しみたい。

 

皆さんもブログを楽しんでください。自分の状況を変えるのは考え方次第ですよ。

 

 

コメント