パナソニックの導入美容器イオンエフェクターEH-ST75の特徴とEH-ST76との違い

スキンケア

毎日たっぷりの化粧品を使っても、肌の乾燥が気になっていませんか?

夏の酷暑、紫外線、冬の厳しい寒さと乾燥。

1年中肌はダメージを受けています。

 

そのダメージをたっぷりの化粧品を塗り込んだリ、毎日フェイスマスクをがんばったり、お手入れを努力して何とかダメージを減らそうと必死になっていませんか?

 

そして、いくらお手入れをがんばっても思うような肌になってくれないとなやんでいませんか?

もしあなたが今悩んでいるのなら、高い化粧品よりもパナソニックの導入美容器イオンエフェクターEH-ST75を試してはどうでしょうか。

 

EH-ST75はぎゅぎゅっとイオンの力で肌の奥まで化粧品を浸透させてくれる美容器です。

乾燥肌なのは肌の奥まで美容液が届いていないから。

手やコットンでなじませていても、表面は潤っても肌の奥はカサカサのままなんです。しかし美容器で肌の奥まで浸透するように、温めながらケアしていけばお肌の悩みも解消されるはず。

 

今日はパナソニックの導入美容器イオンエフェクターEH-ST75を紹介します。

スポンサーリンク




パナソニックの導入美容器イオンエフェクター EH-ST75の基本情報と特徴

2019年5月現在、パナソニックのHPで導入美容器のランナップは

  • EH-ST97
  • EH-ST86
  • EH-ST76
  • EH-ST66
  • EH-ST75
  • EH-ST65

6種類があります。そのうち、EH-ST86、EH-ST76、EH-ST66が新しい品番となっています。70番台、60番台はシリーズ化していますが、80番台以降は新しいタイプの導入美容器となります。

 

今回はその中のEH-ST75を紹介します。

EH-ST75は2017年5月の発売で、EH-ST76が次に発売されたことで、前の機種となり価格が下がってくる可能性があり要チェックです。

サイズ W51xD44.5xH202mm
重さ 約145g
タイプ

充電時間

充電式・コードレス

約1時間

コード長さ 1.8m
使用時間 ベーシックプラン8分x3回使用可能
HP パナソニック 導入美容器 イオンエフェクター EH-ST75

EH-ST75の特徴はモードが4種類あり、それぞれを使い分けながら肌をケアしていきます。

  • ブライトニングモード
  • リズム保温モード
  • クールモード
  • スキンクリアモード

EH-ST75は保温モードとクールモードを使い分けることで、角質や汚れを取り除くことから、保温で浸透、肌を冷まして引き締める効果を促します。

EH-ST66・EH-ST65は保温モードのみ、EH-ST86は保温モード、クールモード、プレケアモードがあります。

EH-ST75・EH-ST76を中心に60番台は下位機種、80番台は上位機種となります。

 

EH-ST75のモードと使い方

EH-ST75のモードと使い方を詳しく見ていきましょう。

EH-ST75のモード

スキンクリアモード

ヘッドの三角部分に化粧水を含ませたコットンを装着し、温感3分で毛穴に残った汚れや古い角質を落としていきます。ヘッドからはプラスとマイナスの電気が交互に流れてきて、汚れを落とす仕組みになっています。

 

ブライトニングモードとリズム保湿モード

この二つのモードはお手入れの流れスキンケアモード→ブライトニングモード又はリズム保湿モード→クールモードの流れで、『保湿』を重点的に行うモードです。

どうのような違いがあるのかというと、スキンケアモードはヘッドからマイナスの電気を発し、その反発でビタミンcを肌の奥まで浸透させます。

リズム保湿モードはヘッドの振動と「電気浸透流」により保湿成分を肌の奥まで浸透させます。電気浸透流とは、ヘッドからプラスの電気を発し、身体を通り導入美容器を持っている手へマイナスの電気を流し、その流れで肌の奥まで浸透させるというものです。

肌の汚れを取ってから、ブライトニングモードかリズム保湿モードのどちらかのモードで保湿していきます。どちらとも温感3分のケアです。

 

クールモード

スキンケアモード、ブライトニングモード・リズム保湿モードが終わったら、肌のクールダウンを行います。上記3つのモードは温感ですが、最後のクールモードは冷感です。

最後にクールダウンすることで、肌を引き締めます。

 

EH-ST75の使い方

4つのモードを組みあわせて、お手入れしていきますが、注意点は1日に合計11分以内の使用となります。

 

  • フルプラン(スキンケア→ブライトニング・リズム保湿×2→クール)11分
  • ベーシックプラン(スキンケア→ブライトニング・リズム保湿→クール)8分
  • クイックプラン(ブライトニング・リズム保湿→クール)5分

 

使い方としては3プランを推奨しています。

フルプラン・ベーシックプランなら1日に1回、クイックプランなら1日に2回のお手入れが可能になります。

理想としてはお風呂上り、寝る前にフルプランまたはベーシックプランを1回スキンケアできたらいいですね。

 

EH-ST75とEH-ST76の違い

EH-ST75を紹介してきましたが、新しい機種のEH-ST76も気になりますよね。そして、どのような違いがあるのでしょうか。

EH-ST76の発売日は2018年6月です。そしてピンク系の色ですが、EH-ST76の方がやや落ち着いたピンクの色合いになっています。

基本情報やモードなどは同じです。

 

2019年5月2日:ご指摘により記事を修正しました。使用できる化粧品は同じです。

EH-ST75の口コミはどう?

口コミでの評価はどこも高評価となっています。例えばAmazonでは★4.5と評価も口コミも良かったです。

  • 潤いモチモチになります!
  • 専用の化粧水を使わなくてもいいのでコスパはよいと思います。
  • 初回の使用で化粧水がしっかり肌にしみ込んで行く実感がありました。
  • マッサージにより、黒ずんだ垢がとれていきます。
  • クールモードがとても便利。
  • 角質が取れてワントーン上がったように感じます。
  • 3日間使用して肌が別人のように改善しています。

初回から肌の奥まで浸透が実感できるとの意見が多数ありました。しっかりと肌に化粧品が染み込んでいくことで、肌トラブルが改善されています。

ただ購入したものの、使用するには条件があるようで使えない方もいました。

購入前にチェックしておきたい注意点

家庭用の美容器は自分でお手入れをするので、購入前にチェックしておかなければいけないことがあります。

美容器を使えない条件があるということです。以下はサイトにて掲載しています。

引用 パナソニック

次のような医用電気機器や家庭用電気治療器の近くでは絶対に使用しない。

●ペースメーカーなどの体内植込み型医用電気機器
●人工心肺などの生命維持用医用電気機器
●心電計や点滴器などの装着型の医用電気機器
>> 医用電気機器や家庭用電気治療器の誤動作、事故や体調不良の原因になります。

次のような方は使用しない。

●妊娠中の方は使用しない
>> ホルモンバランスが不安定で肌トラブルの原因になります。
●アレルギー体質の方
●皮膚病およびアトピー性皮膚炎の方
●敏感肌の方
>> 肌・身体のトラブルの原因になります。
●心臓疾患の方
●顔面の神経障害のある方
●糖尿病の方
●出血性疾患・血友病疾患などの血液異常の方
●高血圧の方
●歯の治療中の方
●網膜はく離のある方、あった方
●強度の近視の方(-6D以上)
●骨折・整形などで顔面にメタル・シリコン・プラスチックなどの埋め込み手術を受けた方
●幼児や成長期の子供、および自分で意思表示のできない方
●熱さ感を自覚できない方
●交通事故などによる頭部および眼科的後遺症がある方
●目の手術をおこなった方(レーシック手術を受けた方はかかりつけの医師にご相談のうえご使用ください)
>> 事故や体調不良、失明の原因になります。

体調のすぐれない時や、肌や身体に異常を感じる時は使用しないでください。

歯の治療中や強度の近視の方など結構誰にでも当てはまる条件があります。

購入する前にチェックが必要です。

チェックせずに購入して、実は使えなかった・・・とはならないように気を付けてください。

EH-ST75とEH-ST76の価格

さて、気になるのは価格です。

Amazonや楽天市場ではEH-ST75は18,000円ほど、EH-ST76は18,000円ほどです。価格の差はそれほどありません。(※2019年5月2日現在の価格です。価格は変動しますので購入時にご確認ください

価格の差がなければ、どちらを買っても同じ・・・とはなりませんね。笑。価格に差がないなら、新しい品番をおすすめします。

おわりに

エステに通う時間がない、エステはコストがかかり過ぎると感じている方には、自宅でできる導入美容器イオンエフェクターはおすすめです。

女性は肌の調子が良ければ、それだけ気分が良くなります。肌だけでなく、気持ちもケアする導入美容器を検討してみてはどうでしょうか。

 

 

 

コメント

  1. あまんて より:

    違いは化粧品の種類とかいていますが、本体の色が違うだけのはずです。

    一度調べてみた方がよろしいかと

    • カバコッティ TOMOKO より:

      コメントありがとうございます。
      ご指摘ありがとうございます。

      取扱説明書を確認したところ、使用できる化粧品に違いはありませんでした。
      私の勉強不足です。

      記事は修正しました。
      これからもよろしくお願いいたします