Sharkから充電式ハンディクリーナーが発売!Shark EVOPOWER W20とW30の違い

家電&ガジェット

Shark(以下シャーク)から新しいハンディクリーナーが登場しました!

Shark EVOPOWER W20とW30です。

やっとHPの製品カテゴリーがコードレスクリーナーだけだったのが、ハンディクリーナーが増えて二つになりました。今までは一つのカテゴリーしかなく寂しかったのですが、めでたく二つになってちょっと嬉しくなりました(笑)。

 

今回2018年9月中旬に発売される充電式ハンディクリーナー EVOPOWER(エヴォパワー)はW20とW30の二つの品番があります。

見た目ではブラックとグレイの2色なのですが、色が違うだけで品番を変えることはないので、どんな機能が違うのか気になりますよね。

 

今日はShark EVOPOWER W20とW30の紹介と二つの違いをみていきます。

スポンサーリンク




Shark EVOPOWER W20とW30の基本情報からみる違い

シャークのHPにはハンディクリーナーは2種類掲載しています。

ひと目みただけでは、ブラックとグレイのカラーの違いがありました。

ブラック グレイ

両方とも濃い色なので、存在感の違いはさほど変わりません。シャークはダイソンのカラフルなデザインとは反対に、落ち着いたカッコいいイメージがあります。

 

W20 W30
サイズ 幅53.5x奥行60.96x高さ419.1mm
重さ 660g
充電時間 約2.5時間
使用時間 約12分 約24分
バッテリー 1ヶ 2ヶ
充電ドッグ ノズル収納

2ポケット

幅105x奥行205x高さ383mm

0.25kg

Wバッテリー用

ノズル収納1ポケット

幅105x奥行229x高さ383mm

0.39kg

付属品

隙間ブラシ

マルチブラシ

布団用ノズル

HP Shark 充電式ハンディクリーナー

大きく違うのはバッテリー数です。W20が1つ、W30が2つ付属していて、それにともなって、使用時間や充電ドッグの仕様が違ってきています。

バッテリー以外のサイズや重さ、ノズルなどの仕様は同じです。

仕様頻度により、W20かW30を選ぶこととなります。

W20とW30の特徴

W20とW30の本体の機能は同じです。使い勝手としても同じになります。

シャークのハンディクリーナーはデザインがシャープにできあがっています。ちょうど手に持って吸い込む面の角度が考えられた傾斜となっていますね。

 

吸い取ったゴミはダストカップに溜まっていきます。

溜まったゴミはワンタッチのボタンでダストカップが回転してゴミが落ちていくようになっています。このダストカップは水洗いOK。

 

またそれぞれに専用の充電ドッグが付属しています。

W20はバッテリーが一つのため一つ用の充電ドッグ、W30はバッテリーが二つのため二つ用充電ドッグです。どちらも付属のノズルも一緒に収納できるようになっています。

 

付属品のノズルも大きなポイントです。ハンディクリーナーは通常すき間ノズルが付いているだけ商品が多いですが、シャークのハンディクリーナーは隙間ノズル、マルチブラシ、布団用ノズルと豊富にノズルが揃っています。

コードレスクリーナーで布団ノズルが付属しているものは多いですが、布団を掃除するのに少し大きいと感じている方には、シャークのハンディクリーナーがぴったりかもしれません。

シャークのハンディクリーナーは重さが660gですから、軽く腕が疲れにくく、大きさも小さいので小回りがききます。

マルチブラシは小さなゴミやペットなどをしっかり吸い込むノズルですが、車の車内清掃にも便利ですね。

 

ノズルが増えることで、ハンディクリーナーの範囲を超えて使用できるようになります。シャークのハンディクリーナーは重さやバッテリーや充電ドッグよりも、ノズルの多さが一番の特徴のぽいんとかもしれません。

 

W20とW30の価格の違いは?

W20とW30は付属のバッテリーの数が違い、充電ドックの仕様も違います。どのくらいの価格差があるでしょうか。

2018年9月に発売されたばかりで、現在はメーカー価格です。

W20は17,820円、W30は22,680円となっています。

 

価格差は5,000円ほどです。バッテリー1ヶ分ほどの価格差ですが、使用時間が2倍変わってきます。

バッテリー1ヶ分の使用時間は約12分です。ハンディクリーナーなので、連続して長時間使わないとしても使えば充電頻度も増えるので、ココはバッテリーを二つ持っておいた方がいいでしょう。

 

おわりに

ダイソンを脅かすと言われるのが納得できますね。シャークはハンディクリーナーに充電ドッグと豊富なノズルがセットになっています。

日本人がくすぐられる仕様で、じわじわと人気を追い上げてきています。

日本メーカーも負けないでほしい!

 

コンパクトに掃除したいならシャークの充電式ハンディクリーナーはおすすめです。小回りのきくクリーナーを探している方は検討してみてください。

 

 

2018年11月7日追記:ハンディクリーナーに新しいカラーが登場!

新しいカラーが追加されました!

まず品番はW30になります。W30はグレイのみでしたが、

  • シルバー
  • ライムストーン
  • ブロンズ

追加は3色です。W30は全部で4色になりました。

引用 Shark

一番左がグレイでもともとあったカラーです。右3つが追加カラーです。

ライムストーンやブロンズはあまりない色なのでかっこいい!

 

ハンディクリーナーはさっと使いたい時にすぐに使うのが特徴です。だから見える場所=すぐに手に取れる場所で、どうしても目に入る家電ですよね。

だからおしゃれなのは必須!

見せるおしゃれ家電としては最高にです。チェックしてみてください!

 

コメント