パナソニック 沸騰浄水コーヒーメーカー NC-A57が発売!どこが変わった?NC-A56との違い

コーヒー

2018年9月1日にパナソニックからNC-A57が発売されました。

前機種のNC-A56は常に人気ランキング1位にランクインしていたほどですが、今回発売のNC-A57はどうなんでしょうか?

 

品番は「56」の次番の「57」です。

「沸騰浄水コーヒーメーカー」の商品名も継承しています。

大きく変わったのは「デカフェ豆コース」が追加されたことです。

 

NC-A56に新しく「デカフェ豆コース」が追加されたとなれば、さらに人気が出そう。

今日はパナソニックの沸騰浄水コーヒーメーカーNC-A57をNC-A56と比較しながら情報をまとめてみました。

スポンサーリンク




パナソニック 沸騰浄水コーヒーメーカーNC-A57の基本情報からみるNC-A56との違い

NC-A57はNC-A56の後継機種として発売しています。

「56」→「57」の数字からでもわかるし、デザインもほとんど変わっていません。

サイズ 幅220x奥行245x高さ345mm
重さ 3.0kg
水タンク容量 約5カップ 670ml
HP Panasonic 沸騰浄水コーヒーメーカー NC-A57

デザインはほとんど変わっていませんが、ガラスサーバーの上の抽出する部分がシルバーになっています。NC-A56はブラックでした。抽出部分の色で見分けが付きます。

ボタンが一つ「デカフェ豆」コースが増えました。

重さが2.9kg(NC-A56)→3.0kg(NC-A57)と100gだけ重たくなっています。

水タンクの容量は変わっていません。

NC-A57の特徴

基本情報はあまり変わりがありませんでしたが、特徴的には変わった点があります。

まずは分かりやすい動画を見て下さい。

「デカフェ豆」コース新搭載!コーヒーメーカー(NC-A57)【パナソニック公式】

NC-A57の全てが分かりますね。ブログで説明がいらないくらい(笑)。

 

全自動なので

  1. 制御された注湯
  2. 活性炭フィルターでカルキを90%カット
  3. 縦型の豆挽きミル
  4. ミルの自動洗浄
  5. コーヒー豆を蒸らしながらの抽出
  6. 保温
  7. ヒーター

とNC-A56と変わりなく高機能です。

他にも煮詰まり軽減保温、沸騰浄水機能など、コーヒーを美味しく楽しめる機能も健在です。

 

大きく違ったのは「デカフェ豆」コースが増えたこと。

デカフェ豆コースが増えたことで、NC-A56では4つの味が楽しめたのですが、さらにコーヒーの味が増えたことになります。

 

NC-A57の味は6つ?!

NC-A57では

  • マイルド
  • リッチ

2コースがあり、

  • 粗挽き
  • 中細挽き

の豆の挽き方で4種類の味を楽しめるようになっています。もちろんNC-A56も同じです。

表にするとこんな感じ。

マイルド リッチ
粗挽き 渋味少なくマイルドに

  • まろやかなストレート
  • アメリカンコーヒー
渋味をおさえ後味良く

  • スペシャリティコーヒー
  • ブレンドコーヒー
中細挽き コクと苦味のバランス

  • コクのあるストレート
  • ブレンドコーヒー
コク、苦みをしっかりと

  • アイスコーヒー
  • カフェオレ

基本的にコースは同じです。

NC-A57ではこのコースからさらに「デカフェ豆」コースが追加されました。

基本的にはデカフェ豆コースでは『中細挽き』を使いますが、好みのよっては『粗挽き』で淹れてもいいかなと個人的には思っています。だって人によって味の好みは変わるし。

 

デカフェ豆コースが増えることで、カフェインが苦手な人もコーヒーを淹れることができるので、NC-A57でぐんと広がりました。

寝る前にもコーヒーが飲みたければカフェインレスを飲めますね。

 

NC-A57の価格とNC-A56のお得価格情報

NC-A57が発売になり、前機種のNC-A56は価格が下がりお買い得となっています。

まずはNC-A57の価格から。

Amazon、楽天市場などでは22,000円台ほどで購入できます。

NC-A56が数年人気を維持していた頃でも20,000円ほどなので、新製品としてこの価格は妥当ですね。

 

そして、NC-A56は16,000円~17,000円台ほどの価格になっています。NC-A57が発売したのでNC-A56は数千円ほど下がっています。

これからどんどん生産数も減っていき無くなってくるでしょうから、在庫切れまでに購入するのが得策です。

価格の下がり具合と在庫をチェックして購入するのが一番ですが、面倒な人は価格が下がっているので今でも購入を十分おすすめします。

おわりに

NC-A57では「デカフェ豆」コースが増えました。その他の機能はほぼ変わらずです。

デカフェ豆コースが不要な方には、価格が下がったNC-A56がお買い得となっています。悩んでいた方は検討してみてはどうでしょうか。

 

コメント