海山空へ!GoPro HERO7が発売。使えない場所はないんじゃない?

Life & Item | 生活とアイテム

今とても人気のあるカメラがあります。

GoProです。

ピンと来ない方に説明しますね。

TV番組などでヘルメットにカメラを付けてバンジージャンプしたり、ジェットコースターなどのアトラクションに乗ったりしますよね。あんな感じのカメラです。

海の中にダイビングする時、手に持って潜ったり、ゴーグルの横に付けたりして魚や海底を撮影していますよね。そんな感じのカメラです。

 

海や山や空へ持っていって使うカメラが

GoProです。

 

ん?

必要ないって?

 

そんなことないですよ。

とってもおもしろいカメラなんですから。

 

頭に付けることを想定して話をしましたが、手に持って撮影してもいいし、自転車に付けても子供につけてもいいです。

使い方次第でどんな風景も人も撮れるのがGoProです。

 

今日はGoPro HERO7が発売するので紹介します。

スポンサーリンク




GoPro HERO7の発売日

GoPro HERO7の発売日は2018年9月27日です。この記事を書いている時点ではまだ発売していません(発売したら、記事内容を修正しますー)。

 

HERO7っていうことは、「HERO6」や「HERO5」・・・もあるってこと?

あります。現在発売しているのがHERO6やHERO5になります。

HERO7はまだ発売していないので、勇み足で間違って購入しないように気を付けてください。

 

GoPro HERO7のラインナップ

GoPro Hero7のラインナップを紹介します。

  • GoPro HERO7 BLACK
  • GoPro HERO7 SILVER
  • GoPro HERO7 WHITE

3種類あります。気を付けないといけないのが、本体のカラー違いではないということです。カラーを変えて、本体の機能の差別化をしています。

BLACKが高機能、SILVERがベーシック、WHITEがコンパクト機能となっています。

言い方が悪いですが、WHITEは最低限の機能の機種となります。人によって使い方が変わってくるので、ものすごくいい性能でなくてもいい人向けです。

BLACKはものすごく映像がキレイで、写真もキレイ。BLACKとWHITEの中間がSILVERということになります。

 

GoPro HERO7の基本情報

それぞれのおおまかの機能の差を表にまとめてみました。

BLACK SILVER WHITE

 


12MP 10MP 10MP
40K60/1080p60 40K30 1080p60
水深10m防水機能 水深10m防水機能 水深10m防水機能
音声コントロール 音声コントロール 音声コントロール
タッチスクリーン タッチスクリーン タッチスクリーン
8倍スローモーション撮影 2倍スローモーション撮影 2倍スローモーション撮影
GPS GPS
HDR WDR
HyperSmoothビデオ
ライブストリーミング

表にしてみるとわかりやすいですね。

WHITEは写真や映像を撮るだけで十分な人向けです。撮影後、パソコンで編集したり、家族で楽しんだりするのであればWHITEでも十分な機能です。

BLACKではライブストリーミング機能があります。これはスマホに繋げて、ライブ映像を公開できるということです。SNSでリアルタイムで映像を公開する人も多いです。そんな人向けの機能です。

BLACKは他の2機種と違って、8倍スローモーション撮影やHDR、HyperSmoothビデオなど性能がワンランク上の設定となっています。キレイに映像を残したい人、SNSと連携したい人向けです。

 

どこでも一緒にGoPro、さあ行こう

海山空へGoProを持ってきたいけど、そのままGoProだけを持っていっても宝の持ち腐れとなります。

手に持って撮影はできるけど、片手がふさがってしまえば存分にスポーツやレジャーを楽しめません。

 

必須となるのが、GoPro専用のアクセサリーです。

両手を自由に使ってマリンスポーツをしようと思うなら、どこかに固定しておかなければいけません。登山の時も片手がふさがっていれば、つまずいて怪我します。

どこにGoProを設置したらおもしろい映像や画像が撮れるか工夫しながらアクセサリーを選びましょう。

※アクセサリーには対応機種があるので確認してください。

 

GoPro HERO7の価格

GoPro HERO7の価格は以下の通りです。(2018年9月13日現在)

BLACK 49,800円
SILVER 37,800円
WHITE 27,800円

発売直後はどこの通販サイトも価格差はなくメーカー販売価格となります。

BLACKとWHITEでは倍近くの価格差があるので悩みどころですね。

 

GoPro HERO7を買うのに躊躇したら・・・レンタルしよう!

GoPro欲しい!使いたい!と思っても、

  • 使いこなせるか心配
  • 旅行に持っていきたいだけで1回しか使わない
  • 年に数回しか使わないので買うまではいかない

そんな人にはレンタルがおすすめです。

関連記事 家電やカメラを買う前に使ってみたい!それならレンティオがおすすめ!

レンティオではGoProのレンタルが一番人気。

理由はレンタルの手軽さと安さです。

旅行に持っていくのなら3泊4日~の1日単位でレンタルができます。7泊8日でも14泊15日でもOK。

年に1回程度の海のレジャーに持っていくなら、断然レンタルした方がお得です。数万円も出費をする必要がありません。必要な時にレンタルするだけ。

もしGoProを使ってみたくて、購入するまでもないのならレンタルしてみてはどうでしょうか。

 

おわりに

普通のカメラだと防水仕様にはなっていないので、海のレジャーには持っていくことができませんでした。持っていっても地上からの撮影で海の中での撮影はできません。

でもGoProを持っていくだけで、世界が海の中まで広がります。

 

また海のレジャーでなくても、普段の子供に取り付けたり自転車に取り付けたりして、子供目線の風景を楽しむのもいいですね。

使い方次第で世界の風景が変わります。GoProが気になったのなら使ってみてください。

 

 

コメント