マキタから充電式クリーナーCL108FDが発売!CL106FDとCL107FDを足して割ったいいとこ取りの機能?!

家電&ガジェット

2018年8月下旬、マキタから新しい充電式クリーナーが発売されました。

CL108FDです。

 

このCL108FDは充電式クリーナーですが、コードレススティッククリーナーとなります。似た品番のCL107FDはコードレススティッククリーナーで常に上位にランクインしていて人気ですが、今回発売したCL108FDはCL107FDと同じシリーズとなります。

同じシリーズにはCL106FDもあり、3品番のラインナップとなりますが、それぞれがどう違うのか気になります。

簡単にまとめると、CL108FDはCL107FDとCL106FDの機能を足して割ったような中間の機能をもっています。

使いやすいくなったのか、さらに進化したのか、どうなのでしょうか。

今日はマキタの充電式クリーナーCL108FDを詳しくみていきます。

スポンサーリンク




マキタ 充電式クリーナーCL108FDの基本情報とCL106FD7・CL107FDとの比較

マキタから2018年8月23日に新製品CL108FDの発表がありました。

HPへ マキタ プレスリリース

この発表と同時にCL106FDとCL107FDとの比較もしています。

品番 CL106FD CL107FD CL108FD
サイズ

幅x高さx長さ

100x150x958mm 112x150x960mm 110x150x956mm
重さ 0.98kg 1.1kg 1.0kg
吸込み仕事率 19W パワフル 32W

強 20W

標準  5W

パワフル 32W

強 20W

標準 5W

集じん方式

集じん容積

カプセル式

600ml

紙パック式 330ml

ダストパック 500ml

カプセル式

600ml

充電時間 約22分充電 約22分充電 約22分充電
使用時間 約16分 パワフル 約10分

強 約12分

標準 約25分

パワフル 約10分

強 約12分

標準 約25分

引用 マキタ

今回発売のCL108FDは一番右端にありますが、サイズや重さではさほど変わりはありません。

大きく違うのは、集じん方法・容積と使用時間です。充電時間はバッテリーが簡単に取り外しができ、使いまわしができるので変わりありません。

 

集じん方法はカプセル式となり、本体の大部分を占める空間にゴミが集められます。紙パック式はCL107FDのみです。CL108FDはカプセル式なので、ゴミが溜まればそのまま廃棄するので、紙パックなどのコストはかかりません。そのため、集じん容量は大きくなります。

 

使用時間はバッテリーが同じでも、モードが違えば使用時間も変わってきます。CL106FDはモードがなく、一定の吸込みをするので使用は約16分となります。

CL107FDとCL108FDはモードがパワフル・強・標準とあり、ゴミが多い時はパワフル、通常は標準を使用します。

 

CL106FDのカプセル式、CL107FDの使用モードといいとこ取りをしているのがCL108FDとなります。

吸込み吸引率って?

使用モードのパワフル・強・標準の3種類がありますが、それぞれ吸込みが違ってきます。

吸込みがどのくらいかを表しているのが『吸込み仕事率』になります。

 

吸込み仕事率は表記に義務がありません。そのため、表示していないメーカーと比較することは難しいですが、マキタは表示しているので比較がしやすいです。

CL106FD CL107FD CL108FD
吸込み仕事率 19W パワフル 32W

強 20W

標準 5W

パワフル 32W

強 20W

標準 5W

CL106FDは使用モードがなく、19Wと一律に吸い込みます。CL107FDとCL108FDの強と同じくらいの吸込みとなります。この二つにはさらに強い吸込みのパワフルモードがあるので、ゴミが多かったり、細かいゴミがあると強い吸込みのパワフルモードにします。

ただパワフルモードで使用すると、バッテリーが約10分ほどしか続かないので、通常は標準や強で掃除します。

ゴミが多い時、ゴミや少ない時など、状況によってモードを変えて使用するとバッテリーも長持ちします。うまく使えば頻繁に充電をしなくてもいいので、こまめにモードを変えて掃除します。

 

カプセル式とダストパック・紙パック式の違い

マキタではカプセル式とダストパック・紙パック式があります。

カプセル式はサイクロンと似ていますが、風を起こしゴミと空気を分離するサイクロン式と違って、あくまでカプセル式は本体の大部分を占める空間にゴミを集める方式となります。ゴミが溜まったら本体を開けゴミを捨てます。

 

ダストパック・紙パック式は、本体内部にダストパック又は紙パックを設置しその中にゴミを集め、溜まったら廃棄します。

紙パックはゴミが溜まればそのまま廃棄しますが、ダストパックは溜まったゴミのみを廃棄し、ダストパック自体は洗ってから再び使用します。

ダストパックは洗って何度も使用できるので、紙パックのコストが気になる方はダストパックを使用するとコストが抑えられます。

 

マキタでは紙パック・ダストパックはどちらも使えるので、好みで使い分ければよいでしょう。

 

今回発売のCL108FDはカプセル式なので、ゴミが溜まれば廃棄します。消耗品コストが掛からないのがメリットですが、ゴミを捨てる際にホコリが舞い散るのでアレルギー持ちの方は気を付けなければいけません。

衛生面が気になるのなら、CL107FDを購入することをおすすめします。

 

CL108FDのバッテリーの品番は?

CL108FDのバッテリーは、「BL1015(部品番号A-59841)」になります。マキタの工具で使用している品番も多いので、持っていたら兼用できます。

 

また大容量の「BL1040B(部品番号A-59863)」も使用できます。充電時間は約60分と長くなり、重さも重たくなりますが、使用時間はパワフル約27分、強約32分、標準約67分と大幅長時間使えるようになります。使う頻度や時間を考慮して購入してください。

おわりに

人気のCL107FDSHWと同仕様でカプセル式になったCL108FDは、カプセル式が欲しかった人にとって待望と言っていいですよね。カプセル式は紙パックのように商品コストが掛かりません。

軽くて、小回りにのきくCL108FDはサブ機としても、ちょっと使いに大変重宝します。サブ機が欲しいと探している方は検討してみてはどうでしょうか。

 

 

コメント