ハリオのV60 オートプアオーバー Smart7BT EVS-70SV-BTが発売!特徴と価格

コーヒー

ハリオはハンドドリップのコーヒー器具の品揃えは豊富ですが、コーヒーメーカーのラインナップもあります。

その中の一つがV60 オートプアオーバー Smart7BTです。

2017年冬に話題になったのが、Smart7で、2018年9月1日に後継機種となるSmart7BTが発売しています。

 

今日はハリオのV60 オートプアオーバー Smart7BT EVS-70SV-BTを紹介します。

スポンサーリンク




ハリオのコーヒーメーカーのラインナップ

ハリオはコーヒー器具メーカーです。コーヒーメーカーも揃っているだろうな・・・とHPへ行ってみてみると・・・

  • 珈琲王 EVCM
  • V60 オートプアオーバー Smart7
  • V60 オートプアオーバー Smart7BT

3種類しかありませんでした。

さらにV60 オートプアオーバー Smart7は生産終了のため、実質的に2種類になります。

今日は、2つのうちの1つ、V60 オートプアオーバー Smart7BTについてです。

 

ハリオ V60 オートプアオーバー Smart7BT EVS-70SV-BTの基本情報

2017年冬にTVで紹介されて有名になったのが、V60 オートプアオーバー Smart7です。今回紹介するV60 オートプアオーバー Smart7BTの前機種です。

V60 オートプアオーバー Smart7は2016年5月に発売して2年以上前のモデルで、2018年9月1日にSmart7BTがより進化して発売です。

カラー

品番

シルバー

EVS-70SV-BT

サイズ 幅245x奥行120x高さ290mm
重さ 約2.0kg
コード長さ 1.8m
水タンク容量 最小270ml / 最大700ml (約2-5杯用)
設定湯温範囲 80~96℃
HP ハリオ V60 オートプアオーバー Smart7BT

デザインは前機種のSmart7を継承しています。しかし、Smaert7はブラックでしたが、Smart7BTはシルバーになりました。もともと未来的な雰囲気はありましたが、シルバーになってさらに研ぎ澄まされたみたいです。

コーヒー器具メーカーなだけあって、サーバーとドリッパーは色んなものが使えるようになっています。Smart7BTの付属品にサーバーとドリッパーは同梱していますが、もし割れてしまっても簡単に手に入れることができます。

本体の前面のタッチパネルでメニューや湯温など細かい設定をしていきます。

設定は湯温・湯量・スピードを設定していきます。

そんな細かい設定は難しいんじゃない?と思ってしまいますが、大丈夫です。自動抽出してくれるオートモードもあるので、忙しい朝でも安心してコーヒーを淹れることができます。

またゆっくりコーヒーを味わい時は、マイレシピモードがあるので、好みの湯温や湯量、スピードを設定します。コーヒー豆や煎り方によって、湯温は味を左右しますので、好みの設定を見つけるのも楽しいですね。

 

[HARIO] V60 Auto Pour over Smart7 [EVS-70B]

 

EVS-70SV-BTの特徴

基本情報でも特徴を少し書きましたが、特徴についてもう少し詳しく見ていきましょう。

オートモードで簡単に美味しいコーヒーを淹れる

マイレシピモードで自分好みの美味しいコーヒーを淹れる

上記の他に

アプリと連携している

という大きな特徴があります。

このアプリでは、マイレシピモードの設定やレシピを投稿・ダウンロードができます。

ハリオのHPでは「スペシャルレシピ」のページもあります。

こちらからどうぞ! ハリオ スペシャルレシピ

2018年10月現在では粕谷 哲氏のレシピが公開されています。少しずつ色んな方のレシピが増えていくと思います。

粕谷 哲氏のレシピでは、使用したコーヒー豆とホットコーヒーとアイスコーヒーのレシピが掲載していて、この設定通りに淹れるコーヒーは間違いなくおいしいです。

 

細かい設定とアプリとの連携でコーヒーの淹れ方がどんどん変わっていき、美味しさを追及していく楽しみが増えていきますね。

 

おすすめできない人はこんな人

この製品はこんな人におすすめ!

はよくある見出しですが、今回はSmart7BTにおすすめできない人を上げていきたいと思います。

 

  • とりあえずコーヒーを飲みたい人
  • どんなコーヒーでもいい人
  • コーヒーにこだわりのない人
  • コーヒーの味の差が分からない人
  • 細かい設定が嫌いな人
  • 試行錯誤が嫌いな人

などがあげられます。まあ、コーヒーは飲むけど、コーヒーにこだわりのない人はSmart7BTを購入する必要はありません。

Smart7BTは

  • コーヒーが好きな人
  • 自分の好きなコーヒーを追及したい人
  • コーヒーにこだわっている人

のような人が使うと性能を生かして使用できます。

 

Smart7BT EVS-70SV-BTの価格

2018年9月1日に発売されたばかりで価格に変動はないだろうな、と思って調べてみたら

Amazon 73,224円

楽天市場 53,784円

楽天市場の謎な破格の価格を見つけました。ハリオのHPでの価格表は70,000円なので、Amazonは定価で販売しています。楽天市場はかなり安くなっています。

※2018年10月7日現在の価格です。価格は変動しますので購入時にご確認ください。

 

おわりに

最近はアプリと連携しているコーヒーメーカーが多くなってきました。細かい設定までできるのは、コーヒー好きにとっては嬉しい反面、細かさに疲れたりしないでしょうか。

おおざっぱな性格の私は細かい設定は苦手です(苦笑)。ハリオのSmart7BTは自分の性格との相性を見極めて購入しなければいけませんね。

コーヒーにこだわりたい人はハリオのV60 オートプアオーバー Smart7BTを検討してみてはどうでしょうか。

 

 

コメント