ツインバード 全自動コーヒーメーカー CM-D465B、CM-D457Bの違いや口コミ、交換部品などまとめ

ツインバード CM-D465B CM-D457B コーヒー
カバコッティ
カバコッティ

ツインバードにおしゃれでかっこいいコーヒーメーカーがあるんですってよ!

ハカセ
ハカセ

高級コーヒーメーカーとテレビで紹介されたのぅ

最近のコーヒーメーカーは味はもちろん、おしゃれな機種が続々と発売されています。

高級コーヒーメーカーとしてツインバードの全自動コーヒーメーカーがテレビで紹介されていましたね。

コロナ禍で売り上げが約4倍近くになりました。

ツインバードのコーヒーメーカーは

  • 全自動コーヒーメーカー CM-D465B
  • 全自動コーヒーメーカー CM-D457B

2機種あります。

機能的な違いは

  • CM-D465B→6カップ用、CM-D457B→3カップ用
  • 保温時間:CM-D465B→30分、CM-D457B→20分

2つあります。

容量が違うので、どれだけ飲むかで決まりますね。

↓公式オンラインストアはこちら↓
↓通販サイトから購入できます↓

6カップ用のCMD465Bはこちら▼

3カップ用のCM-D457Bはこちら▼

CM-D465B、CM-D457Bの違いは8つ

カバコッティ
カバコッティ

家電の違いを見ていくなら、まずは仕様のチェックから!

仕様を表にまとめました。

ツインバード CM-D465B CM-D457B
CM-D465BCM-D457B
サイズ
(幅x奥行x高さ)
16.0×33.5×42.5cm16.0×33.5×36.0cm
重さ約4.5kg約4.1kg
コード長さ約1.4m約1.4m
消費電力800W610W
最大容量
(ml・カップ)
約900ml
6カップ分
約450ml
3カップ分
ミル細・中・粗挽き
ステンレス製ミル刃
細・中・粗挽き
ステンレス製ミル刃
保温機能30分20分
付属品計量カップ
お手入れブラシ
ペーパーフィルター(102)5枚
ペーパーフィルター(103)5枚
取扱説明書
ガイドブック
かんたんガイド
計量カップ
お手入れブラシ
ペーパーフィルター(5枚)
取扱説明書
ガイドブック
カラーブラックブラック
発売年2019年2018年

操作ダイヤル表示

CM-D465BCM-D457B
メニューダイヤル・豆から
・粉から
・ミル
・メンテナンス
・豆から
・粉から
・ミル
・メンテナンス
抽出温度ダイヤル83℃
90℃
83℃
90℃
蒸らし湯量ダイヤル1・2・3・4・5・61・2・3
メンテナンスダイヤル・ドレイン
・クリーン
・オープン
・ドレイン
・クリーン
・オープン

仕様からわかる違いはこちら。

  • サイズ
  • 重さ
  • 消費電力
  • 容量・杯数
  • 保温時間
  • 付属品の数
  • 発売年
  • 蒸らし湯量ダイヤル

大きな違いは「容量・杯数の違い」です。容量の違いに比例して、他の機能も違ってきます。

基本スペックの違い

基本スペックの違いをまとめました。

ツインバード CM-D465B CM-D457B
CM-D465BCM-D457B
サイズ
(幅x奥行x高さ)
16.0×33.5×42.5cm16.0×33.5×36.0cm
重さ約4.5kg約4.1kg
消費電力800W610W
発売年2019年2018年

6カップ用、3カップ用の容量が違うので、サイズや重さ、消費電力が若干違ってきます。

CM-D465Bは容量が多いので、保温時間も長い

CM-D465BCM-D457B
最大容量
(ml・カップ)
約900ml
6カップ分
約450ml
3カップ分
保温機能30分20分

出来上がる量が違うので、6カップ分が保温できるように保温時間は長めです。

コーヒーは保温時間が長いほど劣化して味が落ちてきます。できるだけ早く飲み切りたいですね。

ペーパーフィルターが付属している

CM-D465BCM-D457B
付属品計量カップ
お手入れブラシ
ペーパーフィルター(102)5枚
ペーパーフィルター(103)5枚
取扱説明書
ガイドブック
かんたんガイド
計量カップ
お手入れブラシ
ペーパーフィルター(5枚)
取扱説明書
ガイドブック

CM-D465Bは2~3杯用や5~7杯用のペーパーフィルターが使えます。

かんたんガイドが付属しているので、使い方のわからない初めのうちはお世話になりそう。

蒸らし湯量ダイヤルの設定の違い

CM-D465BCM-D457B
1・2・3・4・5・61・2・3

操作パネルの蒸らし湯量パネルでは1杯ずつ設定できるようになっています。

飲みたい分だけ淹れることができます。

口コミは?

まずはCM-D465Bの口コミからみていきましょう。

スーパーで売っているような、ローストしてから時間のたった豆ならそれほど気になりませんが、生豆からロースト仕立てのオイルが滲むような豆をミリングすると、ミルしてからフィルターに落ちるまでの通路(長さ10mm、径15mm位の筒)に粉が引っ掛かってしまい、全量落ちてこないです。

頻繁に使用する人なら次回使ったときに押し出されて落ちてくるので、そのままでも良いかもしれませんが、たまにしか使用しない人は、粉を取り除いた方が良いと思います。

私はミリング中に本体を少し叩いて、粉を強引に落としています。

粉が残ったときも、ミル本体はワンタッチで外せ分解しなくても粉を落とせるので、粉の除去はそれほど苦ではありません。

Amazon

ミルの構造で内部に豆が残りやすいようです。

私は手入れは手間に感じませんが、面倒くさがりな人にとっては大変かもしれません。

Amazon

横からはめ込む必要があるため、本体の設置場所に制約が生じます。こちらは本体一体型なので、水は都度サーバーで測ってからいれねばならず、お手入れはし難い。もし、これがはめ込みタンク式でしたら、容量を考えるとかなりの重量になりますし、設置場所が更に難しくなると思われます。この点は、限られたスペースに置くことを考えると、この形は合理的だと思いました。

Amazon

保温が30分だけなので少しすると冷めている。せめて1時間は保温できたらいいと思います。

Amazon

届いたその日に、近所のコーヒー屋さんで焙煎したてのエチオピア豆で最初の3杯を作った。今まで我が家で飲んでいたネスプレッソがただのエスプレッソを薄めたものだとわかったと同時に、むしろ冷めたほうがうまいコーヒーという、常識が覆された経験だった。

Amazon

ここからはCM-D457Bの口コミです。

豆をミルで豆を挽い時、挽いた豆が飛び散ります。一度にミルに入る豆は26グラムが限度です。

Amazon

水タンクが洗えないのが不満。味もそこまで納得のいく美味しいではない。まあ可もなく不可もなく程度。

Amazon

電源を入れるとミルが動き残っていた粉が落ちてきます。下にガラス容器をセットしないで電源の入れると粉が飛び散りますので、ミル内を掃除するか下に受け皿をセットしてから電源を入れるようにすればそれほど飛び散ることはありません。

Amazon

AmazonではCM-D465Bは450件ほど、CM-D457Bは17件(2021年9月現在)とレビュー数に差があり、CM-D465Bの人気がわかります。やっぱり3杯では少し容量が足らないかな。

気になる口コミとしては

  • ミルに粉が詰まる
  • 粉が飛び散る
  • 水タンクが取り外せない

多く口コミでミルが詰まるとありました。ミルは取り外せるのでメンドウですが、都度珈琲粉は落とした方がいいです。粉がついたままだと劣化してくるので、コーヒーの味も変わってきます。

ちょっと惜しいのが水タンクです。外せないと水道水を入れるのが、いったん容器に水を入れてから水タンクに入れるので、バケツリレーのようでとてもメンドウです。

ミルが詰まりやすいこと、水タンクは外せないことなど、ツインバードの改良に期待したいですね。

どちらを選んだらいい?

CM-D465BとCM-D457Bのどちらかを選ぶ時は

  • 容量で選ぶ
  • 保温時間で選ぶ

ここらの条件を決めてから検討すると決めやすいですね。

CM-D465B、CM-D457Bの価格

CM-D465B、CM-D457Bは容量が違いますが、コーヒーをおいしく淹れる機能に違いはありません。2機種は価格はどのくらいで、価格差はどのくらいあるのでしょうか。

CM-D465BCM-D457B
TWINBIRD Store49,280円43,070円
Amazon39,800円37,300円
楽天市場41,626円34,999円
Yahoo!ショッピング40,439円38,800円

※2021年10月7日現在の価格です。価格は変動しますので、購入時に再度確認してください。

CM-D465Bは4万円前後、CM-D457Bは3万円台で購入できます。価格は少しずつ下がってきています。

とはいってもコーヒーメーカーとしてはちょっと価格がお高め・・・と感じますが、

  • 存在感のあるおしゃれなデザイン
  • 全自動
  • 抽出温度が設定できる
  • 蒸らし湯量の調整ができる
  • メンテナンスモードがある

などのツインバードのコーヒーメーカーだけの機能があります。独自の機能があると考えると決して高い価格ではないとカバコッティは個人的には思います。

↓ツインバード公式オンラインストアはこちら↓

※ツインバード公式オンラインストアでの購入は【公式店限定5年保証】が付いています。

↓通販サイトから購入できます↓

購入後に必要となる交換部品・消耗品をチェックしておこう

CM-D465B、CM-D457Bにはアフターパーツ(交換部品・消耗品)がツインバード公式オンラインストア で細かくそろっています。

ハカセ
ハカセ

購入前に交換パーツがそろっているか、消耗品はどのようなものがあるかチェックしておくとよいぞ!

新しい家電を購入する時はテンションが上がって、つい勢いで買ってしまいがちですが、購入後に交換部品・消耗品がどのくらいあるのかそろっているのか確認しておくと安心です。

CM-D465Bの交換部品・消耗品

CM-D465B(6カップ用)のアフターパーツ(交換部品・消耗品)はこちら。

品番商品名
199950ミル(ふた含まず)
1998191-3cup用ドリッパー
1998184-6cup用ドリッパー
199815サーバーふた
199841ガラスサーバー(サーバーふた含まず)
199822ミルふた
199817計量カップ
794283お手入れブラシ
197787金属フィルター
197758水タンクふたパッキン
※1年を目安に交換

CM-D457Bの交換部品・消耗品

CM-D457B(3カップ用)のアフターパーツ(交換部品・消耗品)はこちら。

品番商品名
197763ミル(ふた含まず)
197780ドリッパー
197781サーバーふた
198560ガラスサーバー(サーバーふた含まず)
197771ミルふた
197773計量カップ
794283お手入れブラシ
197787金属フィルター
197758水タンクふたパッキン
※1年を目安に交換

交換部品・消耗品は使っていくと破損や劣化します。チェックしておくことをおすすめします。

交換部品・消耗品は通販サイトよりもツインバード公式オンラインストア が揃っているので、こちらで購入するほうがよいでしょう。

↓公式オンラインストアはこちら↓

一緒に揃えたいコーヒーアイテム

コーヒーメーカーを購入する時に一緒に揃えると便利なアイテムを紹介します。

ミルのお手入れブラシ

CM-D465B、CM-D457Bにはお手入れブラシが付属していますが、小さくて簡易的なものです。

お手入れブラシはミルに付着したコーヒー粉を取り除くために使いますが、しっかりしたブラシだと取り除きやすくお手入れも楽になります。

ミルはコーヒー豆を粉砕ふんさいする際にどうしても静電気が発生し、コーヒーメーカー本体やミル内部に付着しやすいです。それらを取り除く時には静電気の発生しにくい動物毛のブラシがおすすめです。

こちらの記事で紹介しています。

ペーパーフィルターは必ず在庫を確保!

消耗品のペーパーフィルターは切らさないように多めに購入しておいてもいいですよ。

1-3杯用、4-6杯用などのサイズがあるので間違わないように必ず確認して購入してください。

ペーパーフィルターのサイズや種類などはこちらの記事で説明しています。

ペーパーフィルターの保管も大事です。

コーヒー豆は好みの味を探してみて

コーヒーを飲むと言ったら、最重要なのがコーヒー豆です。

コーヒーメーカーを選ぶより自分好みのコーヒー豆を探す方が大事!とカバコッティは思います。

深煎り・浅煎りの違いでも大きく味が変わります。ちなみにカバコッティはモカブレンドが好きです。

カルディのコーヒー豆(粉)はAmazonでもたくさんそろっています♪

スターバックスもAmazonではたくさんそろっています。カバコッティは深入りは苦手★

スーパーなどで見かけるUCCは定番。飲みやすい味ですね。

クリーマー

カフェ・ラテやカプチーノを作りたい時はミルク泡立て器・クリーマーが必要です。

普段ブラックを飲んでいる人も、気分を変えたい時に味を変えるのもいいですよ。

こちらの記事で紹介しています。

おわりに

カバコッティ
カバコッティ

ダイヤルを回して設定するのって、レトロ感があってなんか楽しいわ!

ハカセ
ハカセ

デザイン性が高いだけでなく、おいしいコーヒーを淹れるための機能が十分にそなわっておる全自動コーヒーメーカーじゃ

ミルで好みの豆の挽き具合を調整し、湯温も熱湯ではなく、きちんと計算された83℃・90℃で抽出。

おしゃれだから欲しい!だけではない、コーヒーのおいしさまで考えられた全自動のコーヒーメーカーです。

検討してみてください。

コメント