象印 珈琲通 EC-AS60の特徴はダブル加熱抽出と2段階濃度調節。コーヒーの味が変わる!

コーヒー

象印の珈琲通のコーヒーメーカーは人気ランキング10位以内に常に入っています。

 

珈琲通』というブランド名だから、コーヒー好きに人気なのかな?

それともコーヒー好きをうならせる何かがあるのかな?

 

調べてみると、象印のコーヒーメーカーのすべてが『珈琲通』でした(笑)。珈琲通は象印のコーヒーメーカーのブランドです。

とは言っても、人気ランキング10位以内に入っているのはスルーできません。人気は何なのかもっと調べなければ。

 

2018年10月現在象印の珈琲通は9種類のラインナップがあります。

今日はその中でも人気のEC-AS60を紹介します。

スポンサーリンク




象印 珈琲通のラインナップ

象印の珈琲通では5つのタイプに分けられています。

  • 全自動タイプ
  • カップ10杯タイプ
  • カップ6杯タイプ
  • カップ5杯タイプ
  • カップ4杯タイプ

全自動タイプ以外は容量でタイプが分かれています。

カップ6杯タイプの中にEC-AS60は含まれます。カップ6杯タイプには

  • EC-VL60
  • EC-AS60
  • EC-AK60

の3機種がラインナップとなります。共通点が分かりましたか?6杯タイプには末尾が「60」とつきます。

象印の品番末尾の数字を見ると容量を見分けることができます。

 

象印 珈琲通 EC-AS60の基本情報

EC-AS60は6杯の容量のコーヒーメーカーです。

  • 家族が多い
  • 来客時に対応している
  • 一人でも作り置きできる
  • 大きいカップで飲む

など少し多めにコーヒーを淹れたい時に重宝するサイズなんですね。

サイズ 幅230x奥行155x高さ280mm
重さ 1.7kg
容量 810ml
HP 象印 珈琲通 EC-AS60

典型的なコーヒーメーカーのデザインです。左側に水タンクが縦型で、右側にドリッパー部分とサーバー部分があります。

水タンクとサーバーにはメモリが大きくあるので見やすいです。

全体的に使いやすさを重視していますね。

 

EC-AS60の特徴

珈琲通の6杯タイプの一つであるEC-AS60ですが、3機種ある中でそれぞれ機能の多さでランク分けをしています。EC-AS60は中間に位置し、上位機種の機能を取り込みつつも下位機種のシンプルさも持っていて、万人受けする適度な機能で人気機種となっています。

特徴は

  • ダブル加熱で95℃抽出
  • 2段階濃度調節
  • 浄水フィルター
  • メッシュフィルター
  • はずせる水タンク
  • しずく漏れ防止機能
  • スイングバスケット&フィルターケース
  • コードホルダー

コーヒーの味にとことんこだわった機能というより、ある程度のおいしさのコーヒーを淹れつつ、使いやすいさの機能を充実させています。

「ダブル加熱95℃抽出」は全自動タイプと6杯タイプに搭載している機能で、ヒーターで水を2回加熱し、熱湯と蒸気でコーヒーを抽出します。蒸気でコーヒー粉を蒸らし、95℃の熱湯で抽出し過度に冷めてしまうことを防ぎます。

「2段階濃度調節」はレギュラー(ふつう)とストロング(濃い)の2種類の味の選択ができます。アメリカンで飲みたい時やあっさりアイスコーヒーを作る時はレギュラーで淹れ、濃いめで飲みたい時はストロングの設定をします。1種類の味だけでなく、2種類の味を分けれるのは気分や季節によって変えられるので、重要な機能です。

「浄水フィルター」はコーヒーメーカー本体に浄水フィルターが設置されていて、そこを通し水をおいしくしてコーヒーを淹れます。水道水でも浄水フィルターを通せばおいしくなるってことです。コーヒーの味にこだわりがないって人でも、やっぱり飲んていたら何となくでも違いは分かります。誰でも普通のコーヒーよりおいしいコーヒーを飲みたいですもんね。

 

コーヒーの味に関わる機能は

  • ダブル加熱95℃抽出
  • 2段階濃度調節
  • 浄水フィルター

上記の3点ですが、

  • メッシュフィルター
  • はずせる水タンク
  • しずく漏れ防止機能
  • スイングバスケット&フィルターケース
  • コードホルダー

後の5点は使いやすさを重視した機能です。

ちょっとしたことなんですけど、コードホルダーは邪魔にならずに収納できるので、このちょっとした気遣いの機能がいいですよね。

水タンクは安い機種なら本体と一体型になっていますが、EC-AS60は外して水道口へ持っていき水を注げるので簡単・便利で、使いやすさの大切なポイントです。

 

EC-AS60が人気なのは、おいしいコーヒーを淹れる機能と使いやすい機能のバランスが受けているのだと分かってきます。

 

EC-AS60の交換部品はある?

EC-AS60には交換部品が4点あります。

  • ガラス容器フタ
  • ガラス容器ジャグ
  • 浄水フィルター
  • 軽量スプーン

これら4点は象印のサイトで購入できます。

HP 象印でショッピング

4点のうち、下記の2点はショッピングサイトで購入できます。

 

EC-AS60の口コミ

それでは購入者の口コミを見てみましょう。

  • お掃除もササッとしやすくて長く綺麗に使えそうで、便利だな~と感じます。
  • 豆本来の味がわかりやすいので、買ってよかったです。
  • 温度も高めなのでおいしいコーヒーが飲めて満足しています。
  • とにかくコストパフォーマンスが良いです。
  • 6人用なのに、場所も取らずコンパクトで便利です。
  • 水などセットしてから15分以内でコーヒーが飲めるので、朝の忙しい時には助かります。
  • コーヒーの温度もすごく熱くて、買って正解でした。

EC-AS60は高評価の多いコーヒーメーカーで、低評価を探す方が時間がかかるくらいです。

気になるチェックポイントもいくつかあげておきます。

  • メッシュがもう少し細かいと良いなぁと思いました。
  • たまにコーヒーの粉の真ん中だけじゃなくペーパーと粉の間にもお湯がいってしまい、崖が壊れて雑味もそのまま抽出してしまいます。
  • もう少しドリップの取り外しが改善されたらと思いました。

メッシュフィルターを使用し、小さな粉が目のすき間から落ちて、ジャグに溜まるのが気になる方もいるようです。個人的には気になりますね。底に細かい粉が溜まると、どうしてもカップで飲んでいる時に沈むまで待って飲んだリするのイヤですから。気にならないのならスルーしてください。

またフィルター部分のセット時に外れてしまうことがあるみたいです。書き込みが少ないことから個体差だと思われます。うーん、せっかく高機能な機種なのに、たまにユルイ作りに当たるのはもったいない。製品には細かく気を使ってほしいです。

 

EC-AS60の価格

EC-AS60は機能が満載に詰め込まれて使い勝手のいいコーヒーメーカーです。

気になるのは価格ですよね。

Amazon 4,189円

楽天市場 4,190円

 

 

安っ!

結構高機能だなぁと思って特徴とか書いていましたが、価格を調べてびっくりしました。5,000円以下で購入できます。

そりゃ売れる。納得です。

ガラス容器ジャグも交換部品として販売しているので、割れても購入でき長く使えます。

また浄水フィルターもマメに交換すると、ずっとおいしいコーヒーが飲めます。

 

おわりに

高機能でお手頃な価格。

売れている理由が納得できました。

 

おいしいコーヒーを飲みたいのなら、口コミでも満足度の高い象印の珈琲通EC-AS60を検討してみてください。

 

 

 

コメント