象印 珈琲通 EC-TC40はシンプルにコーヒーを淹れるコンパクトさが特徴

コーヒー

象印にも4杯以下のシンプルで簡単にコーヒーを淹れる機種があります。

  • コーヒーの味にはさほどこだわらない
  • 簡単にささっとコーヒーを作りたい
  • 少量を作りたい

そんな人におすすめなのが、象印の珈琲通 EC-TC40です。

スポンサーリンク




象印 珈琲通のラインナップ

象印のコーヒーメーカーはすべてに『珈琲通』のブランド名が付いています。「象印 珈琲通 EC-AS60の特徴はダブル加熱抽出と2段階濃度調節。コーヒーの味が変わる!」でも書いていますが、5つのタイプに分かれています。

  • 全自動タイプ
  • カップ10杯タイプ
  • カップ6杯タイプ
  • カップ5杯タイプ
  • カップ4杯タイプ

全自動タイプは違いますが、容量によってタイプ分けしているので、購入時に選択が絞りやすいですね。

 

今回紹介するEC-TC40は「カップ4杯タイプ」に入ります。象印のコーヒーメーカーの品番の見分け方は品番末尾の数字をみれば一目瞭然です。

カップ4杯分だからEC-TC40です。EC-AS60はカップ6杯分の容量のコーヒーメーカーとなります。

 

カップ4杯タイプでは

  • EC-CB40
  • EC-GB40
  • EC-TC40

3機種のラインナップになります。この3機種の中で一番シンプルな機能なのがEC-TC40です。

 

EC-TC40は少量のコーヒーを簡単に淹れて飲みたい人向けの機種となります。

 

象印 珈琲通 EC-TC40の基本情報

4杯タイプを容量が大きいか小さいかは個人の感覚になりますが、象印のコーヒーメーカーでは最小サイズとなります。

サイズ 幅205x奥行155x高さ230mm
重さ 1.1kg
容量 540ml
HP 象印 珈琲通 EC-TC40

4杯分の容量なので、サイズも重さもコンパクトにおさまっています。

一人暮らしでも、夫婦暮らしにぴったりなサイズです。

 

EC-TC40の特徴

サイズが小さく、収納場所に困らないのも特徴ですが、EC-TC40の主な特徴は以下の通り。

  • 浄水フィルター
  • 目盛付きの水タンク

だけです。ほんとにコーヒーをシンプルに淹れるコーヒーメーカーです。

ドリッパーはガラス容器ジャグの上についています。ドリッパーが本体についていないので、丸洗いできるということです。お手入れのしやすさも特徴にいれてもいいですね。

一応「保温板」はついています。しかし15分程度の保温を推奨していて、それ以上の保温はコーヒーの味を落とすということなので、作り置きはしない方がいいですね。味にこだわらない人も、味が落ちたコーヒーがおいしくないのは飲んだら分かります。

あくまでコーヒーを淹れるだけで、保温板は補助的なモノと考えた方がよいですね。

 

EC-TC40の交換部品ってある?

シンプルな機能のEC-TC40でも交換部品はあります。

  • ガラス容器 ジャグ JAGECTC-TA
  • 浄水フィルター ECF01-JY
  • 軽量スプーン

これらの交換部品は象印のHPから購入できます。

HP 象印でショッピング

またジャグと浄水フィルターはAmazonや楽天市場からでも購入できます。

浄水フィルターは1日1回程度使用で約2年で取り替えます。またフィルターが目詰まりしているなど、使っていて違和感があれば2年になっていなくても取り換えてください。

 

EC-TC40の口コミ

Amazonで口コミをチェックしたところ、レビュー数が600件を超えていました。すごく売れています。そして★4.4の高評価は人気が分かりますね。

  • コンパクトで単純な構成のため淹れるのも簡単、片付けるのも簡単。
  • 説明書を見るまでもなく誰でも簡単に使えて本格的な美味しいコーヒーを飲めるコーヒーメーカーです。
  • 手入れもし易いのでタンクは取れなくてもいい感じです。
  • 手で淹れるのに比べて濃厚で香り高く仕上がります。
  • 一人分の朝食後の一杯(やや少なめ)とマグボトルへ入れる分(360ml)ができるので、出勤前後ひと時のリラックスに一役買っています。

シンプル イズ ベストで使い勝手がよく、コーヒーの味にも問題がないようです。高評価の口コミは手入れの良さとコーヒーの味と価格で満足度が高いです。

マイナスな口コミも見てみました。

  • ガラス容器の値段が高いので部品で取り寄せるなら買い替えるべき商品です。
  • 保温すると煮立ってきます。
  • コーヒーの苦味が出てしまって、あまりコーヒーの味を楽しめていません。
  • 便利だけど、こだわる人には向かないかも。

やはりコーヒーの味にこだわる人には向かないようです。

保温は15分以内を推奨しているので、出来上がりをすぐに飲む人向け、飲む分だけ淹れる方がよいですね。

そして注意が必要なのは交換部品のジャグは追加購入すると本体より高くなってしまいます。これだったら、買い替えの方が断然お得です。もし壊れた場合は買い替えをしてください。

 

EC-TC40の価格

シンプルな機能のEC-TC40の価格は

Amazon 1,969円

楽天市場 1,990円

2,000円程度で購入できます。交換部品のガラス容器ジャグより安いです(笑)。

※2018年10月15日現在の価格です。価格は変動しますので、購入時にご確認ください。

 

おわりに

  • たまにコーヒーを飲む人
  • コーヒーの味にこだわらない人
  • シンプルで簡単な操作のコーヒーメーカーが欲しい人

上記のような人におすすめです。決してコーヒーの味にこだわっている人にはおすすめできません。

象印の珈琲通EC-TC40を検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

コメント