EC-RT40とEC-SA40とEC-RS40の違いを比較!象印 コーヒーメーカー 全自動タイプ 珈琲通

象印 EC-RT40 EC-SA40 EC-RS40 違いキッチン家電
カバコッティ
カバコッティ

象印の全自動コーヒーメーカーがEC-RT40、EC-SA40、EC-RS40があって違いがわからないわ

ハニワ
ハニワ

サーバーの違いが大きいし、直接抽出やクエン酸洗浄コースの有無があるニワ

象印の珈琲通 コーヒーメーカー 全自動タイプは縦長のすっきりしたデザイン。

  • EC-RT40
  • EC-SA40
  • EC-RS40

3機種あります。

どれも全自動でデザインも似ています。

違いは

  • ステンレスサーバーか、ガラスサーバーか
  • マグやカップに直接抽出できるか
  • クエン酸洗浄コースの有無
  • サイズ
  • 重さ
  • 価格

があります。

EC-RT40はEC-RS40の後継機種で

保温性のあるステンレスサーバーで、

マグやカップに直接抽出もできます。

クエン酸洗浄コース機能で簡単にお手入れができます。

EC-SA40は

ガラス製のサーバーで、中が見えます。

煮詰まり軽減保温や保温自動OFF(2時間)・保温なしなどの機能があります。

クエン酸洗浄コース機能で簡単にお手入れができます。

EC-RS40はEC-RT40の前機種で在庫限りです。

保温性のあるステンレス製サーバーで、

マグやカップに直接抽出ができます。

クエン酸洗浄ができますが、機能として組み込まれていないのでお手入れに手間がかかります。

ステンレスサーバーはデスクやテーブルに持ち運べるのがメリットです。

ガラス製サーバーは中がどれだけ残っているか見えやすい、デザイン性がよいというメリットがあります。

まずはどちらのサーバーがいいかを検討すると決めやすいです。

\ステンレス製サーバー+直接抽出可能+クエン酸洗浄コースがあるEC-RT40はこちら/
\ガラス製サーバー+クエン酸洗浄機能があるEC-SA40はこちら/
\EC-RT40の前機種で在庫限りのEC-RS40はこちら/

EC-RT40とEC-SA40とEC-RS40の違いを比較!

ここからはEC-RT40、EC-SA40、EC-RS40の違いをくわしくみていきましょう。

違い①価格の違い

EC-RT40EC-SA40EC-RS40
Amazon21,790円16,590円14,900円
楽天市場20,954円17,600円19,280円
Yahoo!ショッピング21,300円17,500円19,785円

※2022年1月13日現在の価格です。価格は変動しますので、購入時にもう一度確認してください。

EC-RS40は在庫が無くなり次第販売終了なので、検討している人はお早めの購入をおすすめします。

クエン酸洗浄コースのできるEC-RT40、EC-SA40は販売中です。ステンレスサーバーとガラスサーバーで価格が違ってきます。

ステンレスサーバーは

  • 温かいまま持ち運べる
  • 破損しにくい
  • ステンレスサーバー機種はマグやカップに直接抽出できる

という大きなメリットがあります。使いやすさ、おいしさが価格差に出てきていますね。悩む・・・。

うっかりさんのカバコッティとしてはガラスサーバーは割ってしまうのでステンレスサーバー推しです。

\EC-RT40/
\最新価格をチェック!/
\EC-SA40/
\最新価格をチェック!/
\EC-RS40/
\最新価格をチェック!/

違い②EC-RT40とEC-RS40はステンレスサーバー、EC-SA40はガラスサーバー

EC-RT40EC-SA40EC-RS40
ステンレスサーバー
(まほうびん構造)
ガラスサーバーステンレスサーバー
(まほうびん構造)
煮詰まり軽減保温
保温自動OFF(2時間)機能・保温なしを選べる

ステンレスサーバーとガラスサーバーは見ただけでわかりますね。

EC-RT40、EC-RS40はステンレスサーバー、EC-SA40のみガラスサーバーです。

ステンレスサーバーのEC-RT40、EC-RS40ではマグやカップに直接抽出できます。

ステンレスサーバーは持ち運べるのがとても便利です。パソコン作業などで温かいまま置いて置けるのはコーヒー好きとしてはめちゃくちゃいいですよ!

ステンレスサーバーとガラスサーバーのメリットとデメリットを表にまとめてみました。

ステンレスサーバーガラスサーバー
メリット温かさが持続する
味の劣化がゆるやか
破損しにくい
持ち運んでも保温
残量が見える
おしゃれ
価格が安い
デメリット価格が高い
残量が見えない
割れやすい
保温すると味が酸化する

ステンレスサーバーの方がメリットが多いですが、ガラスの透明感がおしゃれでキレイなので人気です。

好みですが、どちらかを選ぶのは悩ましいですね。

EC-RT40はEC-RS40の後継機種です。ステンレスサーバーの方を選ぶとしたら、どちらかで悩むことになります。

ではEC-RT40とEC-RS40で悩む時は次のクエン酸洗浄コースの違いをチェックしましょう。

違い③EC-RT40とEC-SA40はクエン酸洗浄コースがある

EC-RT40EC-SA40EC-RS40
クエン酸洗浄コースクエン酸洗浄コースコースはないが
クエン酸洗浄できる

見て分かりやすいのが、ボタンです。EC-RT40、EC-SA40はクエン酸洗浄コースがあり、ボタンを押すと自動で洗浄してくれます。

EC-RS40はクエン酸洗浄できますが、様子見しながら取扱説明書に沿ってお手入れします。

象印 取扱説明書のダウンロード → こちら(象印公式サイトへ行きます)

コースじゃないEC-RS40は付きっ切りで作業するので、手間ですね。コースになっているとボタンを押して1時間ほど放置できるんでその分ラクチンです。

クエン酸は通販サイトでも購入できます。

違い④EC-RT40とEC-RS40はマグやカップに直接抽出ができる

EC-RT40EC-SA40EC-RS40
ステンレスマグやコーヒーカップ
などに直接抽出可能
ステンレスマグやコーヒーカップ
などに直接抽出可能

EC-RT40、EC-RS40はマグやカップに直接抽出ができます。

サーバーを使わずに1杯分だけ直接注ぐので、入れ替える・洗う手が省けます。

ガラスサーバーのEC-SA40は直接抽出ができません。

違い⑤サイズ・重さ・付属品の違い

EC-RT40EC-SA40EC-RS40
外形寸法24x25x37.5cm24x25x32cm 24x25x37.5cm
重さ約4.3kg約3.7kg約4.4kg
付属品計量スプーン
ミルケースブラシ
浄水カートリッジ
ペーパーフィルター2枚
ステンレスメッシュフィルター
カップ受皿
カップ用トレー
計量スプーン
ミルケースブラシ
浄水カートリッジ
ペーパーフィルター2枚
ステンレスメッシュフィルター
計量スプーン
ミルケースブラシ
浄水カートリッジ
ペーパーフィルター2枚
ステンレスメッシュフィルター
カップ受皿
カップ用トレー

それぞれのサイズや重さが違います。

付属品は直接抽出のできるEC-RT40、EC-RS40はカップ受皿とカップトレーが付属しています。

EC-RT40とEC-SA40とEC-RS40はおすすめはどれ?

ではどれがおすすめでしょうか。ぞれぞれのコーヒーメーカーにおすすめな方をまとめました。

EC-RT40はこんな人におすすめ

  • サーバーごと持ち運びたい
  • コーヒーの煮詰まりが嫌い
  • マグやカップに直接抽出したい
  • お手入れは楽にしたい
  • ガラスサーバーを割ってしまう不安がある

EC-SA40はこんな人におすすめ

  • 価格をおさえたい
  • ガラス製サーバーがおしゃれで好き
  • コーヒーの残りが見えるほうがいい
  • お手入れは楽にしたい

EC-RS40はこんな人におすすめ

  • ステンレスサーバーがいい
  • サーバーごと持ち運びたい
  • ガラスサーバーを割ってしまう不安がある
  • マグやカップに直接抽出したい
  • クエン酸洗浄の手間は気にならない

EC-RS40は在庫が減ってくると価格が高騰、クエン酸洗浄機能がないのでおすすめできません。

EC-RT40はクエン酸洗浄機能があり、ステンレスサーバーはガラスサーバーのように割ってしまう心配もないのでおすすめです。

1杯ずつカップに入れることができるのがめちゃくちゃいいですね。

ステンレスフィルターとペーパーフィルターの両方使える

全自動タイプではステンレスメッシュフィルターが付属しているので、2つを使い分けることができます。

ステンレスメッシュフィルターのメリットは、コーヒー本来の味が楽しめること、消耗品コストがおさえられます。

ペーパーフィルターはゴミ捨ての際ラク、紙がコーヒーの油分を吸い取るのですっきりした味にあります。

コーヒーの味を楽しみたいならステンレスメッシュフィルター、すっきり軽く飲みたいならペーパーフィルターと、気分によって変えることもできます。

ちなみにペーパーフィルターのサイズは1×2又は102(2~4杯用)です。

象印は交換部品・パーツがそろっている

象印パーツダイレクトで象印製品の交換部品やパーツ、消耗品が購入できます。

 → 象印パーツダイレクト

 → EC-RT40の交換部品

 → EC-SA40の交換部品

 → EC-RS40の交換部品

EC-RT40とEC-SA40とEC-RS40のデメリットはある?

EC-RT40とEC-SA40とEC-RS40のデメリットは

  • 水タンクが後ろ側にある

多くのコーヒーメーカーが当てはまりますが、壁際に設置していたら後ろ側にある水タンクが取り外ししにくいということです。

コーヒーメーカーを置く場所、水タンクの位置をよく確認しておいてください。

EC-RT40とEC-SA40とEC-RS40の共通のスペック表

容量
 コーヒーメーカー部
 ミル部

540mL
30g

540mL
30g

540mL
30g
消費電力
 定格
 コーヒーメーカー部
 ミル部

740W
650W
90W

740W
650W
90W

740W
650W
90W
電源コード1.3m 1.3m 1.3m
色柄ブラック(BA)ブラック(BA)ブラック(BA)

取扱説明書 → 象印 取扱説明書検索

楽天市場みんなのレビュー → EC-RT40 EC-SA40 EC-RS40

\ステンレス製サーバー+直接抽出可能+クエン酸洗浄コースがあるEC-RT40はこちら/
\ガラス製サーバー+クエン酸洗浄機能があるEC-SA40はこちら/
\EC-RT40の前機種で在庫限りのEC-RS40はこちら/

EC-RT40とEC-SA40とEC-RS40の違いを比較!象印 コーヒーメーカー 全自動タイプ 珈琲通 まとめ

カバコッティ
カバコッティ

EC-RT40はステンレスサーバー、クエン酸洗浄コースがあるから一番便利だわ

ハニワ
ハニワ

ガラスサーバーで抽出されるコーヒーを見るのも好きニワ

ミルが付いている全自動は魅力的。

ステンレスサーバーとガラスサーバーは好みが分かれますね。

検討してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました