ペーパーフィルターの種類や違い

コーヒー

コーヒーを抽出する時に使用するフィルターには種類やサイズなど様々あります。

 

今日はフィルターについてまとめてみました。

スポンサーリンク




コーヒーフィルター?ペーパーフィルター?

フィルターのことを何て言っていますか?

 

コーヒーフィルター?

ペーパーフィルター?

 

何気なしに言っていたけど、コーヒーフィルターもペーパーフィルターも違うアイテムです。

ペーパーフィルターは紙のフィルターです。

コーヒーフィルターはステンレスフィルターやメッシュフィルターのように何度も使用できるフィルターのことをそう呼んでいます。

 

今日からは、ペーパーフィルターとコーヒーフィルターを使い分けて呼んでみましょう。

とは言っても、販売サイトなどで検索したら「コーヒーフィルター」「ペーパーフィルター」とごちゃごちゃでした。けっこう適当です。

 

ペーパーフィルターの形状

ペーパーフィルターには2種類の形状があります。

台形円すい型です。

台形は扇状の下部分が平らになっている形状です。円すい型は扇子のような形状になっています。

持ってるドリッパーの形状に合わせて購入しましょう。

 

ペーパーフィルターの種類

ペーパーフィルターには無漂白(未ざらし)タイプと漂白タイプがあります。

無漂白タイプが茶色で、漂白タイプは白色をしています。

 

無漂白タイプは加工などしていないナチュラルな紙を使用しています。

漂白タイプは化学液体で色を取るため、白色になっています。体に悪い影響を与えることはありません。

 

ペーパーフィルターを使うメリット・デメリット

ペーパーフィルターを使うメリットは、コーヒーが雑味を吸い取るため、あっさりした味となります。また片付けもそのまま廃棄するので簡単ですね。

反対にデメリットは、雑味を取ってくれるペーパフィルターですが、コーヒーオイルという美味しい成分も取ってしまうということ。

コーヒー本来の味を楽しみたかったら、金属製のフィルターをおすすめします。

 

漂白タイプの白色のペーパーフィルターは白く加工しているので味に変化がないか心配になる方がいますが、無漂白タイプと味の大差はありません。

気になるなら、一度お湯でペーパーフィルターを馴染ませてから、抽出するといいですよ。

 

ペーパーフィルターのサイズ

ペーパーフィルターは淹れる杯数でサイズが分かれています。

基本的にコーヒーメーカーに合うように作られていますが、ペーパフィルターのメーカーによってサイズの呼称が変わったりしています。

 

メリタ

2-4杯 1×2
4-8杯 1×4

 

カリタ

1-2杯 101
2-4杯 102
4-6杯 103
4-8杯 104

 

ハリオ

1-2杯 01W
2-4杯 02W
4-6杯 03W

 

持っているドリッパーやコーヒーメーカーに合うサイズを確認しておきましょう。

サイズを間違って購入してしまったら、使えないことはないですが使いにくいです。

 

 

コメント