デロンギ ケーミックスコレクション ドリップコーヒーメーカーCMB6の特徴はポップなカラー!

コーヒー

デロンギのいくつかあるブランドに「ケーミックスコレクション」があります。ケーミックスコレクションは

シンプル・スタイリッシュ・コンパクト

をコンセプトにDarren Mullen氏がデザインしたキッチン家電です。

シンプル・スタイリッシュ・コンパクトにあと1つ、「ポップかわいい」もコンセプトに入れてほしいくらいかわいいカラーが揃っています。

今日はデロンギのケーミックスコレクションのカラーの多いCMB6を紹介します。

スポンサーリンク




デロンギ ケーミックスコレクションシリーズ

ケーミックスコレクションはシリーズになっていてコーヒーメーカー以外にも

  • 電気ケトル
  • ポップアップトースター

があります。キッチンには3種類の家電を揃えることができます。

もちろん、電気ケトルやポップアップトースターもカラフルかわいい!

 

デロンギ ケーミックスコレクション ドリップコーヒーメーカーCMB6の基本情報と特徴

ケーミックスコレクションのドリップコーヒーメーカーは3種類あります。

  • CMB6
  • CMB5T
  • COX750T

一番カラーが豊富なのはCMB6です。まずはCMB6の基本情報を表にまとめました。

サイズ 幅170x奥行260x高さ295mm
重さ 約3.0kg
コード長さ 2.0m
給水タンク容量

ジャグ容量

0.78L

0.78L

HP デロンギ ケーミックスコレクション

特徴は

  • 質感のよいメタルボディ
  • 2つのヒーターで抽出と保温
  • 9つの穴からシャワー抽出
  • ペーパーレスフィルター

一番にカッコよさがきますが、他コーヒーメーカーにはない特徴が抽出と保温をそれぞれのヒーターで行っていることです。抽出温度は94℃、保温温度は80℃と分けて温めています。

また9つの穴から94℃の湯が出ることで、フィルターへムラなく注ぎ抽出し、コーヒーが薄くできあがることはありません。

CMB6のカラーはカラフル豊富!

CMB6はカラーが豊富です。9色もあるんですから!

コーヒーメーカーはブラック1色だけの機種も多い中、9色も揃っていれば、どれにしようか迷うし、キッチンやリビングにインテリアとして置きやすいです。

BK(ペッパーコーン) WH(ココナッツ) RD(ラズベリー)
OR(オレンジ) YW(イエロー) GR(グリーン)
BL(ブルー) MG(マゼンタ) EG(アーモンド)

EG(アーモンド(クリーム))はスターバックス限定となっていますが、2018年10月31日現在Amazonでも販売しています。でも無くなれば手に入らないので、気に入ったのならすぐに注文することをおすすめします。

 

画像を並べると壮観ですね。カラフルでかわいい!

どれにしようか悩んでしまいます。でもかわいさばかりに気を取られないようにして、キッチンやリビングに合う色を選んで下さいね。

 

ケーミックスコレクションのコーヒーメーカーの比較

ケーミックスコレクションの中にはコーヒーメーカーの品番がいくつかあります。簡単にですが比較していきます。

 

CMB5Tの基本情報と特徴

デロンギ ケーミックス ドリップコーヒーメーカー プレミアム」の製品名の通り、ケーミックスのコーヒーメーカーの中ではプレミアムになります。

Durren Mullen氏がデザインしたことに変わりはないですが、本体がアルミとステンレスでデザインされています。同じ金属とはいっても、やはりCMB6とは違う質感になります。とはいっても並べないと分かりませんよね。

本体の素材が違うからといってプレミアムとついているわけではありません。機能面でもCMB6よりもいくつか上位ランクな特徴があります。

  • アロマモード搭載
  • ゴールドフィルター(23.8K)
  • ステンレス製サーマルジャグ

などCMB6にはない特徴があります。

BK(ブラック) WH(ホワイト) RD(レッド

カラーは3色揃っています。プレミアム感ある落ち着いた色です。

 

COX750Tの基本情報と特徴

2018年3月に新しくケーミックスに仲間入りしたコーヒーメーカです。電気ケトルやポップアップトースターも同じデザインで同時発売しています。CMB6やCMB5Tとは違ったデザインですね。すっきりした印象です。

特徴は

  • アロマモード搭載
  • ステンレスフィルター
  • オートオフ機能
  • しずく防止機能

などがあります。Durren Mullen氏デザインは変わりはないです。

少し違うのが、カラフェがガラス製になっていることです。CMB5Tはステンレスカラフェでしたが、ガラス製に変わると雰囲気もがらりと違ってきます。

BK(リッチブラック) WH(クールホワイト) RD(スパイシーレッド)

カラーは3色でクールな色名になっています。

 

CMB6の交換部品

CMB6には交換部品があります。

ガラスジャグは思わぬところで割れてしまったりするので、交換部品として単品で購入できるのは嬉しいですね。

またフィルターも使っていれば摩耗するし、細かいコーヒー粉も詰まってきます。洗って丁寧使ってもどうしても劣化してしまうので、こちらも単品で購入できれば、CMB6コーヒーメーカーはずっと使えます。

 

CMB6の口コミ

おしゃれなデロンギのCMB6の口コミはどうでしょうか。

  • 四角いフォルムなのでキッチンに収まりが良い。
  • 使い方がシンプルでお手入れが楽。
  • 上にカップが置けて安定感がある。
  • 「もう一杯飲もうかな」というくらい美味しくいただいています。

など口コミがあり、圧倒的に「おしゃれなデザイン」が人気でした。

 

  • 1年ほどで壊れる・・・
  • 湯の落ちる時間が早いので薄い。
  • ペーパレスはお手入れがメンドウ

けっこう多かった意見が1年ほどで壊れる、故障が多いということです。確かに1年ほどだと、早いです。これは粗悪品に当たってしまったのかな・・・という感じというには少し口コミの数が多いです。買うには少し躊躇してしまいます。

ペーパーレスのコーヒーメーカーでは、お手入れしなければいけないのは当たり前ですが、フィルターにペーパーフィルターをセットしても使えるので、お手入れを簡単に済ませたいのであればペーパーフィルターを使いましょう。

 

おわりに

コーヒーメーカーの中ではピカ一でおしゃれでカラフルなデロンギのケーミックス ドリップコーヒーメーカーですが、少し心配なところも。

少しでも気になる点があれば、保留かな。

それともおしゃれさで選んでしまうかな。

どうでしょうか。検討してみてください。

 

コメント