Shark EVOROBOT R72が新発売!次はロボット掃除機で攻めてくる!

家電&ガジェット

日本上陸の第4弾として2018年11月1日にSharkがロボット掃除機 EVOROBOT R72を新発売しました。

2018年夏にスティッククリーナーのみだったラインナップはどんどん増えてきています。

  • スティッククリーナー
  • ハンディクリーナー
  • スチームモップ
  • ロボット掃除機

スティッククリーナーはパイプの中心くらいの位置で曲がり、掃除のしやすさを軽減する特徴は衝撃的で話題にもなりましたね。

 

ロボット掃除機はどうなのでしょうか。

気になります。詳しくみていきましょう。

スポンサーリンク




Shark EVOROBOT R72の基本情報

Sharkは以前にもこのブログで「日本上陸のShark EVOFLEX コードレススティック型クリーナーS30の特徴や口コミ」や「Sharkから充電式ハンディクリーナーが発売!Shark EVOPOWER W20とW30の違い」を紹介しました。

スティッククリーナーやハンディクリーナーはそれぞれ2~3品番あり違いをみましたが、EVOROBOT R72は1種類だけのラインナップとなります。

 

サイズ 幅320x奥行315x高さ90mm
重さ 約3.3kg
カラー シルバーxブラック
充電時間 180分
使用時間 約60分
HP Shark EVOROBOT R72

カラーはシックにシルバーxブラックです。2色の配色がシャープな印象でかっこいいですね。

サイズなども他メーカーのロボット掃除機とさほどかわらない感じです。

EVOROBOT R72の特徴

EVOROBOTO R72の特徴は

  • ナビゲーション機能
  • セルフクリーニング
  • ゴミ捨ておしらせ音
  • 高性能フィルター
  • スケジューリング機能
  • リモートコントローラー

などがあります。リモートコントローラーって一瞬「?」ってなるけど、リモコンのことです。

リモコンから掃除のスケジュールの設定ができます。家族がいない時間帯に設定しておけば便利ですよね。誰もいない時に掃除をしてくれて、帰ってきたらキレイになっているなんて、主婦からしたら最高じゃないですか。

さらに、ブラシに絡みつくゴミも自動で除去してくれます。勝手に掃除して、勝手に自分もキレイにしてくれるなんて、ホントにロボットです。手間のかからないロボットです。

ただ、溜まったゴミ捨てはしなければいけません。しかし、それもお知らせしてくれます。

そしてゴミの溜まるダストカップは水洗いOKなので、ゴミを捨ててそのまま洗える、片付けも簡単です。

R72があれば、スティッククリーナーもいらないんじゃない?

 

 

いえ!スティッククリーナーは必要ですよ、奥さん!

R72は交換部品がある

ありがたいことに、R72は交換部品が揃っています。

  • フィルター
  • ブラシロール
  • サンドブラシ
  • フロントホイール
  • バッテリー

使っているとどうしても消耗するフィルターやブラシ類、バッテリーなどSharkのオンラインストアで購入できます。

発売されたばかりのR72はAmazonや楽天市場では交換部品はまだ販売されていません。そろそろ必要になってくるかなぁという時期になったら、取り扱いが始まるかもしれませんので、チェックしておきたいですね。

Shark EVOROBOT R72の価格は?

2018年11月1日に発売されたばかりで、価格が下がることはないでしょう。

SharkのオンラインストアとAmazonで取り扱っています。どちらも価格は39,420円です。

楽天市場では取り扱いはまだなので、準備が整い次第販売されるでしょう。

※2018年11月5日現在の価格です。価格は変動しますので、購入時にご確認ください。

 

おわりに

モノが少ない広いリビングあれば使いたいShark EVOROBOT R72。子どもがいれば、おもちゃが散らかるのでどうしても手を出せずにいます。

 

ロボット掃除機は他の掃除機に比べて手が掛かりません。当たり前ですよね(笑)。自動で掃除してくれて、充電がなくなれば自分で充電器に戻ります。

掃除に時間を取られたくなかったら、ロボット掃除機をおすすめします。検討してみてください。

 

コメント