シロカ コーン式全自動コーヒーメーカー SC-C111,SC-C121,SC-C122の違い

コーヒー

シロカには、コーン式全自動コーヒーメーカー、全自動コーヒーメーカー、ドリップ式コーヒーメーカーの3種類あります。

 

全自動コーヒーメーカーはわかるけど、「コーン式」?

初めて聞きます。コーン式とは一体何なのでしょうか?

 

コーン式全自動コーヒーメーカーには3品番ありました。

SC-C111、SC-C121、SC-C122です。

 

コーン式全自動コーヒーメーカーはどんなコーヒーメーカーなのか、

そして3品番にどんな違いがあるのか調べてみました。

スポンサーリンク




シロカ コーン式全自動コーヒーメーカーのラインナップ

シロカのHPを確認してみると、コーン式全自動コーヒーメーカーのラインナップは3品番ありました。

  • SC-C111
  • SC-C121
  • SC-C122

末尾の3桁の品番が違いますが、似た数字なので、非常に覚えにくいし分かりにくいですね。

SC-C111 SC-C121 SC-C122

3品番を並べてみると、デザインもとても似た感じ。

 

SC-C111、SC-C121、SC-C122の違い

3品番のそれぞれのどこが違うか見ていきましょう。

シロカのHPにコーン式全自動コーヒーメーカーの違いが分かりやすく表にされています。私がここで違いを見ていかなくていいんじゃない?(笑)

でもまあせっかくなので違いを見ていきます。

SC-C111 SC-C121 SC-C122
  • ガラスサーバー
  • 保温機能あり
  • ペーパーフィルター
  • ステンレスサーバー
  • ペーパーフィルター
  • ステンレスサーバー
  • ステンレスフィルター

小さな違いに見えますが、大きな違いですね。

 

まず、ガラスサーバーかステンレスサーバーかは大きいです。

割れやすいけど、中の量が見えるガラスサーバーと割れにくいステンレスサーバーのどちらがいいのかは好みになります。

ガラスサーバーは保温機能があり、ステンレスサーバーはサーバー自体が保温機能を持っているので、保温機能はついていません。

ステンレスサーバーは長時間置いておくと冷めてきますが、コーヒーの味が変わりにくい特徴もあります。

 

ペーパーフィルターとステンレスフィルターはコスト・味・片付けの違いがあります。

コストが掛からない経済的なのはステンレスフィルターです。ステンレスフィルターに直接コーヒー粉を入れてドリップして湯が通っていくので、味が変わりにくいです。

が、直接コーヒー豆を入れるので片付けが少しメンドウです。目詰まりしたり、廃棄の際はきちんとゴミ箱に捨てなければいけません。

反対に、ペーパーフィルターは紙を通してドリップするので、おいしいコーヒーオイルやアロマを逃してしまいます。しかし、コーヒーペーパーごと廃棄できるので片付けは簡単です。

フィルターは味をとるか、手間を省くかの好みによって選び方が変わってきます。

 

コーヒーの好きな方、コーヒーの味にこだわりたい方には重要な違いなので、品番を間違わないようにしましょう。

 

コーン式全自動コーヒーメーカーの基本情報を特徴

違いを先にみましたが、基本情報も載せておきます。

サイズ:幅160x奥行270x高さ390mm

重さ:約4.0kg

容量:0.54L

サイズや重さ、容量は3品番とも同じです。

 

 

特徴

3品番の共通の特徴は以下の通りです。

  • 無段階ミル付き
  • マイルド/リッチの2種類のメニュー
  • タイマー予約機能
  • 着脱式水タンク
  • 最大4杯分の容量
  • コーヒー豆・コーヒー粉OK

タイマー予約機能が付いているので、朝の忙しい時にコーヒーの準備をしないように前日に仕込んでおくことができます。これってめちゃくちゃ便利ですよね。朝の手間が一つ省けるって、とても楽になります。

 

タイマー付きはラッセルホブスのコーヒーメーカーがあります。

朝を中心に使う人には、タイマー機能がついているコーヒーメーカーはおすすめです。

 

コーン式って何?

商品名に「コーン式」とありますが、一体何?という人もいますよね。私も「何?」って思いました(笑)

 

引用 シロカ

画像のような形状のミルをコーン式と言います。

従来の方式よりも摩擦熱が少なく、粒度を一定にできるため、より香り高くおいしいコーヒーが淹れられるようになりました。

このミルは上部の透明のケース部分です。そこにコーヒー豆を入れて挽きます。

 

コーヒー豆を挽き、すぐにドリップするので、香りがよくおいしいコーヒーになるわけです。

 

コーン式全自動コーヒーメーカーの交換部品、消耗品について

コーン式全自動コーヒーメーカーの交換部品・消耗品はシロカのサポートから注文できます。

→ シロカ お客様サポートはこちらから

一部Amazonや楽天市場から購入できます。

コーン式全自動コーヒーメーカーの口コミは?

コーン式全自動コーヒーメーカーの口コミはどうでしょうか。

  • 結構大きめですが、全自動で、操作性も良く、毎朝予約しておけるのがとてもよいです。
  • ガラスサーバーなので衛生的で見た目もかっこいい。
  • 豆が100gまで入り自動軽量なので毎回いれなくていいし、豆からコーヒー作ってます感があり気に入ってます。
  • ステンレスサーバーは煮詰まらないのでこれも良い。
  • 上部の豆が見える所がお気に入りです。
  • 粗挽から細挽まで無段階で切り替えられてその上フラットミルのように詰まることがありません。

買い替えの方が満足度の高いコメントが多かったです。ミルの音が大きいけれど、短い時間なので許容範囲に入るみたいです。

ガラスサーバーとステンレスサーバーは飲むペースなどで選択している多数です。少し多めに入れてゆっくり飲む人はガラスサーバー、飲む分だけ作っている人はステンレスサーバーを選んでいますね。

ガラスサーバーとミルの透明感がかっこいいとうコメントもあったので、デザインが気に入って購入している人もいます。

 

  • 4杯作ると、注ぐときに裏漏れしやすいです。
  • 豆の油分がおおいとたまに挽けないときがあるのでそこは要注意です。
  • コーヒーを注ぐ時に漏れてしまうのがマイナスポイント!

「コーヒーが漏れる」という使い勝手のコメントがちょくちょく見られました。全員ではないですが、数人以上のコメントであったので、形状が雫もれを起こしやすいのかもしれません。

珈琲を注ぐときには注意が必要になります。

 

おわりに

このブログでコーヒーメーカーを少しずつ紹介していますが、今のところ、全自動でタイマー付きなのは、シロカのコーン式全自動コーヒーメーカーのみです。

挽きたてコーヒーを朝に飲める」ってことです。朝に飲まなくても、好きな時間に挽きたてコーヒーが飲めます。コーヒー好きにはかなりポイントが高いですよね。

タイマー付き全自動コーヒーメーカーでおいしいコーヒーを飲みたくなったら、検討してみてください。

 

 

コメント