SC-C122とSC-C121とSC-C111の違いを比較!シロカ コーン式全自動コーヒーメーカー【上下比較】

シロカ SC-C122 SC-C121 SC-C111 違いキッチン家電
カバコッティ
カバコッティ

シロカのコーン式全自動コーヒーメーカーって、全自動コーヒーメーカーはいいけど「コーン式」ってなに?

ハカセ
ハカセ

「コーン式」というのはミルの種類のことを言うのじゃ

コーン式というのは

従来の方式と比べて摩擦熱が少なく、

豆の粒度を均一にできる高精度のコーン式ミル

シロカ コーン式全自動コーヒーメーカー

コーヒー豆はすりつぶして粉しますが、その時に摩擦熱が発生すると味が落ちてしまいます。またすりつぶした粉の大きさがバラバラだと味のバランスも崩れてしまいます。

良いミルは摩擦熱が発生しない、同じ粒度の粉が挽けることが大事。

それを実現しているのがコーン式ミルです。

シロカではコーン式全自動コーヒーメーカーは3機種あります。

  • SC-C122
  • SC-C121
  • SC-C111

この3機種の違いは

  • ステンレスサーバーかガラスサーバーか
  • 保温機能の有無
  • ドリップフィルター
  • 一部のカラー
  • 価格

4ヶあります。

SC-122は

真空二重ステンレスサーバー(ステンレスシルバー)で

ステンレスーサーバー自体が保温しているのでどこでも持ち運んで温かいコーヒーが飲めます。

ステンレスフィルターとペーパーフィルターのどちらでも抽出できます。

SC-C121は

真空二重ステンレスサーバー(タングステンブラック)で

ステンレスーサーバー自体が保温しているのでどこでも持ち運んで温かいコーヒーが飲めます。

ペーパーフィルターで抽出します。

SC-C111は

ガラスサーバーで

本体で30分の保温機能があります。

ペーパーフィルターで抽出できます。

ステンレスサーバーは持ち運びできるのがメリットです。しかし残量が見えないのがデメリットです。

ガラスサーバーは中が見えて残量が確認が出来るのがメリットです。しかし本体に保温機能があるので持ち運びできないし、酸化が少し早いです。

ステンレスフィルターは何度も使えて、コーヒーの旨みがダイレクトに味わえます。消耗品コストがかからない分、コーヒー粉の片付けが慣れていなければ少々メンドウ。

ペーパーフィルターはあっさりしたコーヒーを飲みたい人におすすめ。ペーパーフィルターごと廃棄できるので片付けも楽ちんです。

ステンレスサーバーとガラスサーバー。

ステンレスフィルターとペーパーフィルター。

それぞれのメリットとデメリットを理解して自分に合う方を選んでください。

\ステンレスサーバー+ステンレスフィルター+ペーパーフィルターの自由度が高いSC-C122はこちら/
\ステンレスサーバー+ペーパーフィルターのSC-C121はこちら/
\ガラスサーバー+ペーパーフィルターのSC-C111はこちら/

SC-C122とSC-C121とSC-C111の違いを比較

ここからはSC-C122とSC-C121とSC-C111の違いをくわしくみていきましょう。

  • ステンレスサーバーかガラスサーバーか
  • 保温機能の有無
  • ドリップフィルター
  • 一部のカラー
  • 価格

違い①SC-C122とSC-C121はステンレスサーバー、SC-C111はガラスサーバー

SC-C122SC-C121SC-C111
ステンレスサーバー
(ステンレスシルバー)
ステンレスサーバー
(タングステンブラック)
ガラスサーバー

SC-C122とSC-C121はステンレスサーバーです。

SC-C111はガラスサーバーです。

ステンレスサーバーとガラスサーバーのメリットとデメリット

ステンレスサーバーガラスサーバー
メリット持ち運びできる
壊れにくい
中の残量が見える
おしゃれ
デメリット中が見えない持ち運べない
壊れやすい

ステンレスサーバーとガラスサーバーはメリットもデメリットも正反対です。

ステンレスサーバーはサーバー自体が保温機能があるので、デスクの横に置いて仕事をしたり、テーブルに置いて好きな時に飲むことができます。

壊れにくいので、ガラスサーバーが不安にもステンレスサーバーがおすすめです。

コーヒーをすぐに飲むならガラスサーバーがおすすめです。持ち運ぶ必要がなく、酸化も気にすることもありません。

違い②SC-C111は保温機能が30分

SC-C111はガラスサーバーなので、本体に保温機能が30分あります。

しばらくなら温かいコーヒーが飲めます。

違い③SC-C122はステンレスフィルターとペーパーフィルターが使える

SC-C122SC-C121SC-C111
ステンレスフィルター
ペーパーフィルター
ペーパーフィルターペーパーフィルター

SC-C122のみステンレスフィルターとペーパーフィルターが使えます。

ステンレスフィルターとペーパーフィルターの違いはなに?

ステンレスフィルターペーパーフィルター
メリットコーヒーの味がダイレクトに味わえる
消耗品コストをおさえられる
あっさりしたコーヒーを味わえる
片付けがラク
デメリット片付けがメンドウ消耗品コストがかかる

コーヒーをとことん味わいたい人はステンレスフィルターがおすすめ。

ステンレスフィルターはコーヒーオイルをそのまま抽出するので、コーヒーの旨み成分を味わえます。

ぺーバーフィルターはコーヒーオイルを吸ってしまうので、あっさりした味となります。

好みが分かれるので、自分の好きな方を選ぶといいです。

どちらがわからない、両方楽しみたいなら、ステンレスフィルターとペーパーフィルターの両方を使えるSC-C122をおすすめします。

違い④カラーの違い

SC-C122SC-C121SC-C111
本体(一部)ステンレスシルバータングステンブラックステンレスシルバー
サーバーステンレスシルバータングステンブラックガラス

本体の基本色はブラックです。操作パネル下の一部分のカラーが違います。

SC-C122とSC-C121は本体カラーとステンレスサーバーの色をそろえています。

違い⑤SC-C122とSC-C121とSC-C111の価格の違い

●SC-C122の価格

Amazon:15,151円~

 →Amazonで最新価格をチェックする

楽天市場:17,800円~

 →楽天市場で最新価格をチェックする

Yahoo!ショッピング:18,000円~

 →Yahoo!ショッピングで最新価格をチェックする

●SC-C121の価格

Amazon:19,800円~

 →Amazonで最新価格をチェックする

楽天市場:19,800円~

 →楽天市場で最新価格をチェックする

Yahoo!ショッピング:19,800円~

 →Yahoo!ショッピングで最新価格をチェックする

●SC-C111の価格

Amazon:18,480円~

 →Amazonで最新価格をチェックする

楽天市場:18,480円~

 →楽天市場で最新価格をチェックする

Yahoo!ショッピング:18,480円~

 →Yahoo!ショッピングで最新価格をチェックする

※2022年6月17日現在の価格です。価格は変動しますので、購入時にもう一度確認してください。なお調査時にセール価格の場合があります。

どの機種も2万円以下で購入できます。発売から日が経っているので、在庫が少なくなれば価格が高騰してきます。価格はこまめにチェックしてください。

SC-C122とSC-C121とSC-C111はどれがおすすめ?

ではどれがおすすめでしょうか。購入の際の参考にしてください。

SC-C122はこんな人におすすめ

  • ステンレスサーバーがいい
  • おっちょこちょいでガラスサーバーを割ってしまいそうで心配
  • コーヒーをダイレクトに味わいたい
  • ステンレスフィルターとペーパーフィルターの両方を使いたい
  • コーヒーはデスクなどに持ち運んで飲みたい
\ステンレスサーバー+ステンレスフィルター+ペーパーフィルターの自由度が高いSC-C122はこちら/

SC-C121はこんな人におすすめ

  • ステンレスサーバーがいい
  • おっちょこちょいでガラスサーバーを割ってしまいそうで心配
  • あっさりしたコーヒーを飲みたい
  • お手入れはラクしたい
  • コーヒーはデスクなどに持ち運んで飲みたい
\ステンレスサーバー+ペーパーフィルターのSC-C121はこちら/

SC-C111はこんな人におすすめ

  • ガラスサーバーがいい
  • コーヒーの残量を遠くからでも確認したい
  • あっさりしたコーヒーを飲みたい
  • お手入れはラクしたい
  • 淹れたてコーヒーをすぐに飲み切る
\ガラスサーバー+ペーパーフィルターのSC-C111はこちら/

SC-C122とSC-C121とSC-C111のメリットはタイマー予約機能

SC-C122とSC-C121とSC-C111にはタイマー予約機能が付いています。

  • 朝の忙しい時に合わせて予約
  • 帰宅時のゆっくりしたい時間に合わせて予約

と自分が飲みたい時間に合わせて予約することができます。

特に朝は忙しいのでコーヒーを淹れる手間を前夜に済ませておけば、気分も楽に、コーヒーをゆっくり飲むこともできます。

SC-C122とSC-C121とSC-C111のスペック表

サイズ
(幅x奥行x高さ)
16.0×27.0x39.0cm
重さ約4.0kg
コード長さ約1.2m
消費電力750W
抽出方法
最大使用水量
ドリップ方式
約0.54L
豆容器約100g
自動計量
ミルコーン式
無段階(細~粗挽き)
蒸らし機能あり
テイストマイルド
リッチ
給水タンク取り外しができる
その他機能タイマー予約
付属品計量スプーン
お手入れブラシ

シロカ 取扱説明書 コーン式全自動コーヒーメーカー

SC-C122とSC-C121とSC-C111の交換部品や消耗品について

本体を購入する前にチェックしておきたいのが、購入後に必要になる消耗品や交換部品です。

SC-C122の交換部品や消耗品

SC-C122の交換部品・消耗品は以下の通りです。

部品名品番
コーヒーサーバー(ステンレス容器)SC-C122SP
給水タンク(取り外し式)SC-C121KT
豆容器ふたSC-C111LB
挽き目調節ダイヤルSC-C111AD
ミル上側SC-C111ML
バスケットSC-C111BK
ドリッパーSC-C111DR
ドリッパーふたSC-C111LD
計量スプーンSC-C111KS
お手入れブラシSC-C111BR
ステンレスフィルターSC-C122SF
ペーパーフィルターSC-C111PF

SC-C121の交換部品や消耗品

SC-C121の交換部品・消耗品は以下の通りです。

部品名品番
コーヒーサーバー(ステンレス容器)SC-C121SP
給水タンク(取り外し式)SC-C121KT
豆容器ふたSC-C111LB
挽き目調節ダイヤルSC-C111AD
ミル上側SC-C111ML
バスケットSC-C121BK
ドリッパーSC-C111DR
ドリッパーふたSC-C111LD
計量スプーンSC-C111KS
お手入れブラシSC-C111BR
ペーパーフィルターSC-C111PF

SC-C111の交換部品や消耗品

SC-C111の交換部品・消耗品は以下の通りです。

部品名品番
コーヒーサーバー(ステンレス容器)SC-C111GP
給水タンク(取り外し式)SC-C111KT
豆容器ふたSC-C111LB
挽き目調節ダイヤルSC-C111AD
ミル上側SC-C111ML
バスケットSC-C121BK
ドリッパーSC-C111DR
ドリッパーふたSC-C111LD
計量スプーンSC-C111KS
お手入れブラシSC-C111BR
ペーパーフィルターSC-C111PF

一緒に揃えたいコーヒーアイテム

ここからはコーヒーメーカーを購入する時に一緒に揃えると便利なアイテムを紹介します。

ミルのお手入れブラシ

SC-C122、SC-C121、SC-111には付属品にお手入れブラシがあります。しかし付属品ですので、少し頼りない感じ。

しっかりコーヒーの細かい粉が取れるお手入れブラシを一緒に購入しておくのもいいかも。

ミルは使っていくと細かい粉が静電気によって色々な所に付着してきます。ミルを使い終わったらきちんとお手入れをする時に使うのがお手入れブラシです。

残った粉を放置しておくと、次回挽いた時に酸化した粉がまぎれ込んでコーヒーの味を落としてしまいます。

また、ミルのブラシは静電気の起きにくい動物の毛のブラシがおすすめです。

\購入はこちらから/

コーヒー豆

コーヒーを飲むと言ったら、最重要なのがコーヒー豆です。SC-C122、SC-C121、SC-C111はミルがあるので、豆から挽いてれるのがおすすめです。

深煎り・朝煎りでも大きく味が違ってきます。

\購入はこちらから/

他にも色々なコーヒー豆を探してみてください♪

SC-C122とSC-C121とSC-C111の違いを比較!シロカ コーン式全自動コーヒーメーカー【上下比較】のまとめ

ハカセ
ハカセ

豆の自動計量、ミルの無段階粒度設定、タイマー予約、テイストはマイルド/リッチ・・・

朝起きたらおいしいコーヒーが出来上がっているとは!ふむっ!

カバコッティ
カバコッティ

ゆったりしている時はコーヒーの味を楽しみたいし

朝や仕事中はあっさりしたコーヒーがいいわ

タイマー予約のあるコーヒーメーカーは他メーカーでも数が少ないです。

朝起きたらコーヒーが自動でできあがっていることを考えると、朝起きてからの準備がものすごく楽になります。コーヒーの準備をする手間が省ける分ゆっくりした時間を過ごせます。

検討してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました