SC-A221とSC-A211の違いを比較!シロカ 全自動コーヒーメーカー カフェばこ

シロカ SC-A221 SC-A211 違いキッチン家電
カバコッティ
カバコッティ

シロカのカフェばこって種類が多いわね

SC-A221とSC-A211ってどう違うの?

ハニワ
ハニワ

ミルの設定とカラーが違うにニワ

ガラスサーバーは同じニワ

シロカの全自動コーヒーメーカー カフェばこは4機種あります。

  • SC-A351
  • SC-A371
  • SC-A221
  • SC-A211

今回はSC-A221とSC-A211の違いをみていきます。

SC-A221とSC-A211の違いは

  • ミルの設定の違い
  • カラーの違い
  • 価格の違い

3ヶあります。

SC-A221は

ミルの設定が1・2・3・4杯と細かく豆の挽きの設定ができ、

カラーはステンレスシルバー、タングステンブラックの2色です。

SC-A211は

ミルの設定は1(1・2杯用)、2(3・4杯用)と2段階で、

カラーはステンレスシルバーのみ。

価格はSC-A221より安くなります。

豆の挽き具合が変われば、コーヒーの味も微妙に変わってきます。

よりおいしく飲みたいなら細かい挽きのできるSC-A221がおすすめです。

価格を重視するならSC-A211です。

\ミルの細かい挽き設定ができるSC-A221はこちら/
\価格をおさえたSC-A221はこちら/

▼シロカは楽天市場に公式ストアがあります▼

SC-A221、SC-A211違いは3ヶ

ここからはSC-A221、SC-A211の違いをくわしくみていきましょう。

SC-A221はミルで細かい挽き設定ができる

SC-A221SC-A211
中細挽き
新ブレード搭載
1・2・3・4(杯用)
中細挽き
新ブレード搭載
1(1・2杯用)・2(3・4杯用)

SC-A221は1杯ごとにミルの設定ができます。

SC-A211は2つのミル設定を使い分けます。

おいしいコーヒーを淹れたい時は細かい設定ができるほうがいいですね。

SC-A221はステンレスシルバー、タングステンブラックの2色、SC-A211はステンレスシルバーのみ

SC-A221はステンレスシルバーとタングステンブラックの2色です。

SC-A211はステンレスシルバーのみです。

SC-A221のステンレスシルバーと同じなので、間違えないように必ず確認してください。

SC-A221、SC-A211の価格の違い

SC-A221SC-A211
シロカ公式ストア
楽天市場店
9,980円
Amazon8,580円9,980円
楽天市場8,980円8,980円
Yahoo!ショッピング8,980円9,980円

※2021年2月2日現在の価格です。価格は変動しますので、購入時に再度ご確認ください。

ミル設定が多いSC-A221が価格が下になっています。購入を検討している方は、価格が安ければ買い!ですね。

共通の特徴

ここからはSC-A221、SC-A211の共通の特徴を紹介していきます。

ガラスサーバーは中が見えて、おしゃれ度もアップ

ガラスサーバーは透明で中が見えるので、どれだけコーヒーが残っているか確認しやすいです。

人数が多かったり、何杯も飲む人は中が見えている方が遠くからも見えるので便利。

ガラスサーバーのデメリットは割れやすい、すぐにコーヒーが覚めます。

割れやすいですが、比較的安価で手に入れることができるので使い勝手で選ぶ方がいいですよ。

新ブレードのミルは均一に豆を挽くことができる

新ブレードが搭載されたSC-A221とSC-A211は豆を均一に挽くことができます。

粒度が均一になると雑味や味の村がなくなり、おいしいコーヒーができあがります。

ステンレスメッシュフィルターでコーヒー本来の味を抽出

ステンレスメッシュフィルターはコーヒーそのままの旨みを味わうことができます。

ペーパーフィルターは抽出時に旨みのある油分を吸収しますが、ステンレスメッシュフィルターはそのまま抽出します。

蒸らし機能でコーヒーのおいしさを引き出す

蒸らし工程があるので、コーヒー本来の味を抽出します。

ミル付きバスケットは取り外して簡単お手入れ

ミル付きバスケットは取り外して水洗いできます。

お手入れがラクなのはウレシイですね。

共通のスペック表

サイズ
(幅x奥行x高さ)
17.3×22.0x27.0cm
重さ約2.2kg
コード長さ約1.2m
消費電力600W
最大容量約0.58L
抽出方式ドリップ式
蒸らし機能あり
サーバーガラスサーバー
保温機能30分
付属品本体
計量スプーン
取扱説明書

取扱説明書 → シロカ 全自動コーヒーメーカーの取扱説明書

SC-A221、SC-A211の交換部品・消耗品について

本体を購入する前に知っておきたいのが、購入後に必要になる部品や消耗品についてです。

カバコッティ
カバコッティ

買ってすぐに壊しちゃった!

部品だけ取り替えたいけどできるかしら?

長く愛用したい人には交換部品や消耗品の購入は必須ポイントなります。

シロカではそれぞれに機種の交換部品・消耗品は多く揃っています。

SC-S221の交換部品・消耗品

部品名品番
コーヒーサーバーSTC-401GP
メッシュフィルターSC-A211MF
計量スプーンSC-A111KS
本体ふた(シルバー)SC-A221LB-SS
(ブラック)SC-A221B-KT
ミル付きバスケット(シルバー)SC-221MB-SS
(ブラック)SC-A221MB-KT
しずくもれ防止弁STC-401PV

色違いがあるので間違わないようしてください。

SC-A211の交換部品・消耗品

部品名品番
コーヒーサーバーSTC-401GP
メッシュフィルターSC-A211MF
計量スプーンSC-A111KS
本体ふたSC-A221LB-SS
ミル付きバスケットSC-221MB-SS
しずくもれ防止弁STC-401PV

一緒にそろえたいコーヒーアイテム

ここからはコーヒーメーカーを購入する時に一緒に揃えると便利なアイテムを紹介します。

ミルのお手入れブラシ

ミルを使う時には揃えておきたいのが「ミルのお手入れブラシ」です。

SC-A221、SC-A211には残念ながらお手入れブラシが付属していません。

ミルでコーヒー豆を挽くと、必ず細かい粉が発生します。ミルは静電気は発生しやすく、それらの細かい粉が付着します。ミルの宿命と言っていいですね。

ミルやコーヒーメーカー付属のミルを使用した後は必ずお手入れブラシで挽いた粉を取り除いてください。残った粉を放置しておくと、次回挽いた時に酸化した粉がまぎれ込んでコーヒーの味を落としてしまいます。

また、ミルのブラシは静電気の起きにくい動物の毛のブラシがおすすめです。

\カリタがおすすめ!人気です!/

コーヒー豆

コーヒーを飲むと言ったら、最重要なのがコーヒー豆です。コーヒーメーカーを選ぶよりコーヒー豆を十分に検討して購入してください。

深煎り・浅煎りの違いでも大きく味が変わります。

\いろいろ試して好みのコーヒーを見つけよう!/

デメリットはある?

  • 水タンクが一体になっているので入れにくい
  • ペーパーフィルターが使えないので、お手入れがメンドウ
  • ガラスサーバーは割れやすい

SC-A221、SC-A211は水タンクが本体と一体になっています。取り外しができないので水が入れにくいです。ペットボトルや何かの容器に入れて水をうつします。

これは結構メンドウなので、もし気になるなら水タンクの取り外しができるSC-A351、SC-A371をおすすめします。

SC-A221、SC-A211はステンレスメッシュフィルターのみです。ペーパーフィルターは使えません。

メッシュフィルターは出がらしのコーヒー粉を捨て、水洗いしないといけません。これって毎日の片付けになるととてもメンドウです。

忙しい人や片付けを簡単に済ませたいなら、ペーパーフィルターやメッシュフィルター兼用のコーヒーメーカーを選んだ方がいいです。

カバコッティ
カバコッティ

カバコッティは味よりお手入れのしやすさを選んでペーパーフィルターのコーヒーメーカーを使っています(パナソニック製)

SC-A221、SC-A211はおすすはどっち?

ではどちらがおすすめしょうか。

SC-A221はこんな人におすすめ

  • おいしいコーヒーを飲みたい
  • カラーを選びたい

SC-A211はこんな人におすすめ

  • 設定はシンプルな方がいい

価格はSC-A221のほうが下になっているのでお得に購入できます。

価格は時期やショップによって変わるので購入時に必ずご確認ください。

おわりに

カバコッティ
カバコッティ

私はお片付けと水タンクが条件に合わなかったわ

ハニワ
ハニワ

おしゃれだから、デザイン性で選ぶこともあるニワ

管理人カバコッティが気になるのは、ステンレスメッシュフィルターと一体型の水タンクです。

使いやすさを優先するなら、他のコーヒーメーカーを探す方がいいかもしれません。

検討してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました