iphone6sのバッテリー交換へ行ってきた話(予約~完了まで)

レビュー

2018年12月5日(水)にApple store 心斎橋店へiphone6sのバッテリー交換へ行ってきました!

2018年年末までバッテリー交換料金が安くなっているのと、ちょうどiphone6sのバッテリーが不安定になってきたから、この際行っちゃえ!って行ってきました。

 

今、ipnoneの店舗持ち込みの予約が取れないと話題になっています。

確かに取れません。取れにくい状態です。まして、会社員として働いていて自由に身動きができなかったら年内の予約は諦めて方がよいです。というか諦めないといけない状況です。

私はまあある意味自由なので、予約を取り行ってきました。

 

今日は予約の仕方からバッテリー交換終了まで記していきます。

1年半~2年後の自分に向けて。きっとiphoneを機種変するか、再びバッテリー交換する頃には忘れてあたふたしているだろうから、どうだったかを残しておきます。

スポンサーリンク




iPhoneの予約の仕方は?

まず、iPhoneのバッテリー交換をしたい時は予約をしなければいけません。

予約をする時はパソコン、スマホなどのAppleのサイトへいきます。

私はスマホから予約しました。

 

ここからは画像が多いのでスクロールがメンドウな人は目次からジャンプしてくださいね。

Apple storeのアプリを開きます。

右上のアイコンをタップします。

 

「予約内容」をタップします。

 

「お近くのストア」をタップします。

 

心斎橋店をタップします。

一番近いApple storeを選んで下さいね。

 

下へスクロールして「サポートを受ける」をタップします。

 

「お持ちの製品に関するサポートを受ける」をタップします。

 

今回は「iPhone6s」です。

「iPhone」をタップします。

 

「バッテリーを充電」をタップします。

 

「バッテリー交換」をタップします。

 

「持ち込み修理」をタップします。

配送修理だと1週間ほどかかるので、結構時間がかかります。

持ち込みだと問題が無ければ当日引き渡しです。

 

あれ?ログインしていませんでしたね。

ここでログインします。

 

バッテリー交換したい機種を選択します。

今回はiPhone6sです。

 

自分が住んでいる地域又は行きたいApple storeの近くを入力します。

今回は「大阪」です。

 

心斎橋のApple storeをタップします。

大阪では心斎橋だけですよね。

 

!!!

予約が取れません・・・。

 

iPhoneのバッテリー交換の予約ができない?!

2018年年末に問題になっているのが、持ち込みでのバッテリー交換は予約が取れない、という状況です。

 

諦めるか、「配送」に選択を変更するか。

諦めずにしつこく予約が取れるまでチェックし続けるか。

 

私は諦めずにひたすら予約のページを訪れ、取ることができました。

しかし、この場合は日にちや時間を選ぶ選択肢はありません。

キャンセル待ちか、たまたま予約枠が更新されたかで空いたところを間髪入れずに予約しました。

 

悩んでいると予約はすぐに埋まる可能性は大です。

日にちや時間が自由な人は予約を取りやすいですが、仕事で行ける時間が決まっていれば、予約を取りにくいです。

 

来年の正規料金でバッテリー交換をするか、配送でバッテリー交換をしてもらうか、厳しい状況になります。

iPhoneのバッテリー交換の価格は?

22018年12月31日までのバッテリー交換の料金は以下の通りです。

iPhoneのモデル Apple製品限定保証又はApple care+の保証対象 保証対象外
iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR 0円 7,800円
iPhone SE、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone X 0円 3,200円
上記以外の対象モデル 0円 8,800円

引用 Apple iPhoneのバッテリーと電源

iPhone1台につき1回限りです。

 

私はApple Care+には加入しておらず、保証対象外で交換しました。

保証対象外の人が多いので、このチャンスを逃すまいと話題になっているのかな。私もその一人ですが。

 

2019円1月1日以降は以下の通りになります。

iPhone X 7,800円
その他 5,400円

 

なんだろう。もっと高かったイメージがあったけど、それほどでもないような。

けれど、街中にあるバッテリー交換するショップでは3000円台~あるので、Appleでのバッテリー交換は予約の手間+時間が掛かる+料金少し高い、といういくつかのデメリットがあって、そちらを選ぶ人が多そう。

 

特にiPhoneを数年使っていて、「壊れても次に買い替えてもいいや!」と気軽に持っている人は、街中のショップで交換してもいいですよね。

 

iPhoneにこだわっている人、大事に持っていたい人は正規のAppleでバッテリー交換ですね。

iPhoneのデータ保存の仕方は?

iPhoneのバッテリー交換する前に、しておかなければいけない作業があります。

iPhoneはSDカードなどで保存はできないので、iCloudにデータ保存する必要があります。

「設定」へ入り、自分のAppleIDをタップします。

 

「iCloud」をタップします。

「バックアップの作成」と表示されるので、バックアップをします。

 

少々時間が掛かります。データ量も多いのでWi-Fiの環境でバックアップを取りましょう。

iPhoneのバッテリー交換の流れは?

iPhoneのバッテリー交換の流れを表にしてみました。

iPhoneのバッテリー交換の流れ
  • step1
    予約を取る
    パソコン、アプリから予約します。
  • step2
    予約した時間へApple storeへ行く
    (心斎橋店)店舗入り口や2階入り口にいる店員さんに声を掛けて、来店したことを告げる。チェックイン。
  • step3
    待つ
    予約時間になっても呼ばれないことも。込み合っているので、予約時間に呼ばれることは少ない。
  • step4
    バッテリー交換開始
    まずはiPhoneの診断をする。バッテリー残量などを調べてくれる。ただ横で見てるだけでいい。話しかけても笑顔で対応してくれるけど、あまり邪魔をしないほうがいい。私はいつも話しかける。
  • step5
    バッテリー交換中
    バッテリー交換には約2時間かかると告げられるので、待つ。店舗より出て時間を潰すことを告げておく。
  • step6
    バッテリー交換終了時間
    Apple storeへ再び。時間前に行っても、結局は出来上がり予定時間に呼ばれる。
  • step7
    料金の支払いや領収書を受け取る
    領収書をメールで送ることを伝えられるが、レシートでも貰える。メール確認時にあたふたしたら、レシートをくれた。

 

チェックポイントは

  • 予約が取りにくい
  • 待ち時間が長い
  • 時間つぶしが必要
  • 店員のテンションがちょっと高い

くらいかな。店員さんがすっごい笑顔で「いい人」感が滲み出ているので、腹黒い人はまぶしいです。

そして、とりあえず待ち時間が長いので、時間つぶしに何をするかを考えていた方がいいですね。

 

心斎橋なので、ハンズ行ったり、スタバ行ったりして時間を潰しました。

スタバでは一人会議ですよ。財布のがま口が壊れて(泣)、財布を作ることを1時間ほど考えてました。これはまた後日製作したら記事にします。

 

おわりに、iPhoneのバッテリー交換ですっきり!

1週間前に予約を取って、どきどきの1週間を過ごし、行ったらすっきりしましたよ!

バッテリーの持ちが全然違います。

 

今までは50%を切ると、急に1%になったこともあったので充電し始めたりしましたが、充電の減りがゆっくり!安心して操作できます。

行って満足です。また1年半~2年ほどiPhone6sを使います。

最後に、iPhoneのバッテリー残量の確認の仕方

最後にiPhone6sのバッテリー残量の仕方を載せておきます。

 

「設定」→「バッテリー」と進みます。

 

「バッテリーの状態」をタップします。

 

バッテリー交換したばかりなので、「最大容量 100%」となっています。

ここが「80%」以下でバッテリー交換の基準になります。

私は81%でした。あと1%だったので、店員に一応交換の確認をされました。

 

バッテリーが不安定だな、と思ったらここを確認したらわかります。80%以下だとバッテリー交換してください。

すっきりしますよ!

 

コメント