WordPressの編集画面が新しく変わってあたふた?!元に戻す解決法

ブログ

何気なくWordPressのアップデートの更新をしたら、今回ドエライコトになりました。

 

編集画面が一新されていたんです。

どうやらこれはWordPressバージョン5からの変更みたいですね。

 

そうとは知らずに更新して、ブログを書こうをしたら、変種画面が変わってビックリ!というわけです。

 

直感的に操作できる新エディター!

 

・・・直感的ってなんやねん。

ブログを書こうと思って開いたら、私の直感すべて外れて、何もできなかったんですが?怒。

 

1分もしないうちに、旧エディターに戻すボタンを探していました。

今日は新しくなったWordPressの編集画面を旧エディターに戻す方法を記しておきます。

スポンサーリンク




旧エディターに戻すのは手っ取り早くプラグインで

 

新エディターのブロックエディターからは旧エディターに戻すことはできません。

調べたのですが、プラグインを入れるしか方法がないようです。

 

旧エディターに戻すプラグインは

Classic Editor

これをインストールします。

プラグイン「Classic Editor」をインストール・設定する

まずは、プラグインの新規追加を開きます

 

 

キーワードの検索欄に「Classic Editor」と入力します。

すると、検索結果一覧がでます。一番上に出てきていますね。

 

私はもうインストールしたので、画面の表示が「有効」になっていますが、「インストール」します。

インストールができたら、「有効化」にします。

 

 

「インストール済みプラグイン」を開き、一覧の中に「Classic Editor」を探します。

先ほど有効化しましたが、ここで確認してくださいね。

この画像では有効化は表示されていて、プラグインが使用されていない状態です。「有効化」にします。

「設定」を確認しますが、何もしなくてもそのままでもOKです。

 

 

投稿一覧を開いて、カーソルを記事の上まで移動すると、「ブロックエディター」「Classic Editor」・・・と表示されています。

ブロックエディターは新しい編集画面。

Classic Editorは旧エディターの編集画面です。

 

旧エディターで編集したい時は、Classic Editorをクリックして開いてください。

 

 

あんしん。

旧エディター表示になっていました。

 

表示オプションがすべて、表示になっているので、いらない項目はチェックを外しましょう。

おわりに

とりあえず、旧エディターで記事を書いて、ブロックエディターは少しずつ慣れていく方がいいかも。

 

注意としては新エディターは対応していないプラグインもあるので、むやみにWordPressのアップデートをしないことです。

Twitterでは、アップデートについての注意喚起のツイートが回っていますね。エラーが出ている人もいるようです。プラグイン、有料テーマなどでは対応していないことが多いみたいです。

 

何も考えずにアップデートしてしまって、ちょっと悔しい。アップデートの時は少し様子を見ないとダメですね。反省です。次からは気を付けます。

 

 

 

コメント