ハリオ 珈琲王2 EVCM2-5TBが発売!珈琲王 EVCM-5Bとの違いは?

コーヒー

2018年9月20日に珈琲王2 EVCM2-5TBが発売しました。

オートプアに気を取られてすっかりチェックを怠っていました。反省。

 

新発売された「珈琲王2」。

「2」ということは「1」もあったんですよ。「1」という表記はなく「珈琲王」でしたが。

 

どこがどれだけ何が進化したのかが気になりますね。

ハリオのHPではもう珈琲王のページは無くなっています。「珈琲王2」が「珈琲王」の後継機種ということで、「珈琲王」は現在販売している在庫のみになっています。

「珈琲王」の在庫がある今、どちらを買うべきか検討しておかなければいけませんね。

スポンサーリンク




ハリオ 珈琲王2 EVCM2-5TBと珈琲王 EVCM-5Bの違い

ハリオはコーヒー器具の種類は豊富ですが、コーヒーメーカーは2種類しかありません。ハリオのHPでラインナップを見てみると、

  • V60 珈琲王2 EVCM2-5TB
  • V60 オートプアオーバー Smart7 EVS-70B
  • V60 オートプアオーバー Smart7BT EVS-70SV-BT

の3つ並んでいますが、V60 オートプアオーバー Smart7 EVS-70Bは「生産終了」の表記があることから、実質的に2機種だけになります。

 

 

昨年の冬にV60 オートプアオーバー Smart7 EVS-70Bは話題になり、後継機種V60 オートプアオーバー Smart7BT EVS-70SV-BTが今年の2018年9月に新発売しました。

ドリッパーとサーバーなしの本体だけだったら、コーヒーメーカーに見えないデザイン、湯温・湯量・スピードの細かい設定までできてしまうオートプアオーバーが目立ちすぎて、珈琲王は少し霞んでいる感じ。

 

しかし、今回紹介する珈琲王2もしっかりとした機能とハリオらしいドリッパーとサーバーで、中々のおしゃれです。

こちらは新発売の珈琲王2 EVCM2-5TBです。

サイズ:幅165x奥行223x高さ318mm

重さ:約1.5kg

容量:2-5杯 750ml

スリムなデザインとハリオ独特のドリッパーが印象的です。

珈琲王 EVCM-5Bはこちら。

サイズ:幅230x奥行240x高さ327mm

重さ:約2.1kg

容量:2-5杯 750ml

珈琲王は幅も大きく、メカっぽい感じ。珈琲王2はデザインがかなり洗練されてカッコよくなりましたね。

 

ここで、チェックすべきは、珈琲王2 EVCM2-5TBの商品説明ページに、

コンパクトなボディが特徴の珈琲王2は旧来のモデルの機能はそのままに、・・・

とあり、機能は珈琲王 EVCM-5Bと変わらないことがわかります。

デザインだけが変わった後継機種が珈琲王2なんです。

 

珈琲王2 EVCM2-5TBと珈琲王 EVCM-5Bの共通の特徴は以下の通りです。

  • V60 円すい形の1つ穴ドリッパー
  • 高温抽出93℃
  • 21ヶの抽出口でハンドドリップに近づけている
  • 蒸らし機能
  • 30分の保温機能

おいしいコーヒーができないわけがない機能です。

 

2018年12月現在、珈琲王 EVCM-5Bはまだ在庫がありますが、生産終了しているので在庫限りとなり、売り切れと共に販売数も減っていくので、欲しい方はすぐに購入することをおすすめします。

操作はボタン3回ピピピ

操作は簡単です。動画をみれば簡単さが際立ちます。

 

[HARIO]V60珈琲王2コーヒーメーカー[EVCM2-5TB]
  1. 電源を入れる
  2. 入れる杯数ボタンを押す
  3. スタートボタンを押す

の3回で終了です。

あ、その前に、きちんとサーバーとドリッパーをセットして、必要な量のコーヒー豆を入れて下さい。

コーヒー粉は豆から挽くと、よりコーヒーアロマが香り、コーヒーの味も新鮮です。

ミルはやっぱりかっこいいのがいいかな。

 

 

ハリオのコーヒーメーカに合わせて、ハリオのミルも揃えるとコーヒーを淹れるのに気分が上がりそう。

手挽きミルが苦手なら電動ミルもあります。シンプルで簡単な電動ミルはカリタかな。

 

 

あとはコーヒーカップもお気に入りがあればいいですね。

 

 

ハリオのコーヒーメーカーの良さはサーバーとドリッパーが分かれているところ

コーヒーメーカーはドリッパー部分が本体に組み込まれているのが多いです。

ハリオのコーヒーメーカーは珈琲王2もオートプアオーバーもサーバー・ドリッパーは別になっています。

 

これってなかなか便利ですよ。

だって入れ終わったらそのまま取り出して、ドリッパーは洗い場へ、サーバーはコーヒーを淹れ終わったら洗い場へ、コーヒーが残っていたら再びコーヒーメーカーへ戻します。

ドリッパーからコーヒーが落ちて汚れることもありません。

 

そして、洗いやすさです。コーヒーメーカー本体に組み込まれているドリッパー受けはどうしてもオウトツがあり洗いにくいです。

その点、ハリオのドリッパーはシンプルな一つ穴で持ち手もついているので洗いやすい。

 

ちなみに珈琲王2のドリッパーは「半透明ブラック」です。定番のドリッパーは透明なので、珈琲王2仕様の特別な透明ブラックのドリッパーです。

 

使いやすさばかり強調してしまいましたが、ドリッパーが本体から離れていると、ドリッパー内が見えます。「見える」ってことが重要です。

  • コーヒー粉の蒸れている様子が見える
  • コーヒーアロマが広がる

コーヒー好きにとってはこの2点は大きいポイントですよね。

コーヒー粉が膨らんでいる様子を見るの楽しいですよね?ね?私だけじゃないでしょ?

 

それにコーヒーの香りがふわっとくるのもたまらんです。

コーヒーが飲みたいから、コーヒーを淹れているのに、先にコーヒーの香りがふわっとくるのは拷問っていうくらいです。

 

ハリオのコーヒーメーカーはコーヒーの魅力を最大限に引き出します。

サーバーとドリッパーの組み合わせを楽しんでみよう

サーバーとドリッパーが分かれていることで、楽しめるのは他にもあります。

 

ハリオはコーヒーメーカーよりも、サーバーとドリッパーの種類が多いです。それらを使えるってところです。

もちろん「合う」「合わない」があるので、確認が必要となります。

 

ドリッパーはさほどサイズが異なるものはありませんが、サーバーは形が多種あるので、サイズを確認してください。

「V60 透過ドリッパー セラミック VDC」や「V60耐熱ガラス 透過ドリッパー オリーブウッド VDC-OV」などは雰囲気がガラリと変わってきますね。

 

ハリオは一つ穴抽出です。V60のペーパーフィルターを使いましょう。

まだ少ない珈琲王2 EVCM2-5TBの口コミ。これからに期待

珈琲王2 EVCM2-5TBは発売されて間もないので、まだ口コミやレビューが少ないです。

Amazonでは1件あったので、載せておきます。

 

スリムになったのがいいですね。第1世代では溢れるというレビューもあったペーパーレスフィルターでも入れられました(3杯までしか使用していませんが)
コーヒーを入れた後は、ドリッパー内が綺麗なすり鉢状になっています。
一体型もありますが、これくらいシンプルな方が結果として好みに合わせやすいですし、気分に合わせてドリッパーも変えられるので長く使えるような気がします。
ちなみにこれまでは、無印のミル付きマシンを使用していましたが、使いにくい上に掃除も大変でした。
ナイスカットGと珈琲王2の組み合わせに変えましたがほぼ同価格帯ですし、意外でっすが別れていたほうがむしろ使いやすいです。
大きさを気にしないなら在庫処分で廉価な第1世代でも良い気がします。

やはり、好みでドリッパーを変えたりして楽しんでいる人がいますね。

コーヒー好きは淹れている時から楽しみます。お手入れもしやすいところから、コーヒーショップや愛好家にも人気です。

おわりに

珈琲王から珈琲王2にはデザインだけの進化でした。

購入を検討しているのなら、珈琲王の方は価格が下がっている&在庫は少ないので、早めの購入をおすすめします。

すっきりキッチンに置きたいのなら、断然珈琲王2ですね。

どちらにしても、コーヒーアロマとおいしいコーヒーを楽しめるので、こだわっている人にはおすすめです。

 

 

コメント