象印 珈琲通 EC-YS100は大容量の10杯用!予約タイマーもできる使えるコーヒーメーカー

コーヒー

EC-YS100は10杯の大容量のコーヒーメーカーです。

コーヒーメーカーは5~6杯用が多いです。家族で飲むならそのくらい十分だからです。

でも、これじゃ足らない!っていう人いるでしょ?

  • 大家族
  • たくさんの来客用
  • たくさんの量を飲む人
  • たくさん作り置きしたい人

6杯以上必要になる状況はいろいろありますが、基本的に6杯用くらいまでのサイズのラインナップのメーカーが多く、10杯用は象印、タイガー、メリタくらいかな。他に見つけたら、調べて紹介します。

 

まず今日は象印の珈琲通 EC-YS100をくわしく紹介していきます。

スポンサーリンク




象印 珈琲通 EC-YS100は存在感のあるサイズ

何といっても、EC-YS100は存在感があります。「コーヒー多めに淹れますよ!」って主張しています。

サイズは幅270x奥行200x高さ375mmです。横長だから、見える部分が多くて大きく見えます。

重さも約4.1kgあり、「今日はテーブルへ持っていって淹れようかしら」なんてこともできますが、重さがあるので、メンドウになります。だから、キッチンへ設置したらそのまま使うことをおすすめします。

コード長さも1.3mしかなくて短いし。気軽に持ち運んで使おう!とか、そういう設定はしていません。

 

象印だから、もちろんサーバーは魔法瓶タイプのステンレスサーバーです。サーバーも存在感があるから、余計に存在感のあるコーヒーメーカーに見えるのかもしれません。

 

ここで言いたいことのまとめは、

けっして気軽に持ち運んで使うコーヒーメーカーではないということです。

 

特徴をまとめると

  • プッシュボタン式魔法瓶タイプのステンレスサーバー
  • 24時間タイマー予約機能+デジタル時計表示
  • マイコン予約&マイコン蒸らし抽出
  • ステンレスメッシュサーバー
  • 水タンクは外して洗える
  • クリーニングお知らせランプ
  • クエン酸洗浄モード機能
  • しずく漏れ防止機能

たくさんコーヒーを作って、がぶがぶ飲んで、キレイに清潔を保つ。

機能がたっぷり詰め込まれています。

 

EC-YS100は使い勝手のよいステンレスサーバー

先ほども書きましたが、EC-YS100はステンレスサーバーの仕様になっています。

象印マホービンだから魔法瓶を使うのは当然!と思うでしょ?

 

それが、魔法瓶を使っていないコーヒーメーカーもあるんですよ。ほら、以前にもこのブログで紹介したアレとかアレとか。

 

 

EC-AS60とEC-TC40とかですね。

「象印マホービン」なんだから魔法瓶でいっとこうよーと思ったけど、ガラスサーバーなりの使い勝手の良さがあります。ガラスサーバーは中が見えるので、コーヒーの濃さや量が一目でわかります。また保温プレートで長時間温めることもできます。

 

ちなみにあと一つ紹介したEC-RS40はステンレスサーバーです。しかもブロンズ色のステンレスサーバーで超かっこいいです。

 

 

ステンレスサーバーの良いところは、外部から温めずに保温することです。ガラスサーバーの場合は保温プレートで温めますが、それだとどうしてもコーヒーが煮詰まて味が落ちてしまいます。

ステンレスサーバーは魔法瓶で保温するので、煮詰まらずコーヒーの味は落ちずに、しばらく間は温度を保ってくれます。

また、ガラスサーバーのようにちょっとしたミスで割れてしまうこともなく、丈夫で安全です。

 

ステンレスサーバーとガラスサーバーのどちらがいいというのはなく、これは好みの問題になってきます。

ステンレスサーバー

  • 少しくらい冷めてもいい
  • 煮詰まった珈琲は飲みたくない
  • できあがったコーヒーをキッチン以外に持っていく
  • うっかりさん
  • ガラスサーバーをよく割ってしまう

ガラスサーバー

  • できあがったコーヒーの濃さや量を確認したい
  • 作り置きしたい
  • できあがったコーヒーは早々に全部飲む
  • ガラスサーバーを割ったことはない
  • 物を丁寧に扱う性格

ガラスサーバーの「作り置きしたい」と「できあがったコーヒーは早々に全部飲む」はまったく違う意味合いですが、保温機能がある場合は作り置きできるので条件に入れました。

ただ長時間置いておくと煮詰まったコーヒーになるため、早々に飲む必要もあります。

ということで、両方の条件を入れています。

タイマー予約機能のついているコーヒーメーカーは少ない

象印 珈琲通 EC-YS100にはタイマー機能が付いています。

タイマー機能は、予約時間を設定し、時間になるとコーヒーができあがるのですが、これが非常に便利!

 

朝の忙しい時間帯はコーヒーをセットする作業すらバタバタしてしまいます。それを前日の夜に準備しておき、朝のコーヒー作業を省くことができます。

コーヒーを飲む時間には自動でできあがっているんだから、ゆったりと朝ごはんを食べることができますね。

 

この便利なタイマー機能はついている機種は多くはありません。

くらいですね。それぞれこのブログで紹介しています。

 

ただ、タイマー機能が付いているのは上記の3機種と象印のEC-YS100ですが、10杯以上の大容量は象印のEC-YS100だけです。

 

  • タイマー機能
  • 10杯用

購入する時の条件がこの二つなら、象印の珈琲通EC-YS100を選ぶしかないってことです。

象印は交換部品が揃っているから安心

象印は交換部品を多数そろえています。

象印 お客様サポート

お客様サポートの「部品・消耗品のご購入方法」で以下の部品が購入できます。

  • ステンレスサーバー(サーバーふたつきセット) SERECYSC-XB
  • サーバーふたセット BX155818A-01
  • 計量スプーン BX155054L-01
  • ふたパッキン BB263021M-00
  • ポット内容器洗浄用クエン酸 ピカポット CD-KB03-J
  • ステンレスボトル用洗浄剤 ピカボトル SB-ZA01

 

ステンレスサーバーは早々に壊れるものではないですが、長く愛用したいので、交換部品で揃っていると購入しやすいです。

 

10杯用の大きなペーパーフィルターはカリタを使用します。

珈琲通 EC-YS100の口コミ

口コミを調べてみると、件数は少ないモノの高評価を得ています。

このコーヒーメーカーはとてもリッチなコーヒーを煎じます。これまで使ったことあるコーヒーメーカーの中で一番おいしいコーヒーです。ポットもコーヒーの温度を数時間保ちますし、予約タイマーも便利です。毎朝起きた瞬間美味しいコーヒーを飲むことができます。

ただ、予約タイマーをセットして、ポットを置くのを忘れてしまったら、ポットなしでも煎じます。絶対にそうしないと思いましたが、ある朝起きたら、キッチンのカウンターは大変な状況でした。やっぱり、その前の晩超眠いまま次の朝のコーヒーを準備し、ポット洗ってから戻すのを忘れてしまいました。このコーヒーメーカーをお勧めしますが、気をつけてください。

例えばAmazonにあった口コミですが、前半は非常に高評価。

後半はちょっとおっちょこちょいさんなエピソードです。笑い事ではないですが、前日の仕込みに不備があると、翌朝起きた時に惨劇が広がっていますよ、ということですが、そこはきっちりしておきたいところですね。

 

他の口コミでは圧倒的に「タイマー機能の便利さ」が際立っています。使ってみてわかる偉大なタイマー機能です。

「これは買い!」の価格

10杯の大容量のコーヒーメーカーで、機能も十分。

価格は・・・

Amazon 14,499円

楽天市場 14,220円

※2018年12月11日現在の価格です。価格は変動しますので、購入時にご確認下さい。

15,000円ほどで購入できます。これは「買いっ!」な価格じゃないですか?!

全自動では20,000円を超すものもあります。全自動ではないものの、タイマー機能が付いているコーヒーメーカーなので、ある意味自動でコーヒーを作ってくれます。

朝の淹れる手間を考えると、破格の値段です。

おわりに

コーヒーをたくさん飲むなら、10杯淹れるコーヒーメーカーをおすすめします。

タイマー機能が付いていますから、朝に多めに作って午前中はゆっくり飲んでいく・・・なんてのもいいですね。

大容量のコーヒーメーカーを探しているならおすすめします。

 

コメント